ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習 > 文化 > 植野記念美術館 > 中島潔”今”を生きる―そして伝えたいこと

中島潔”今”を生きる―そして伝えたいこと

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月21日更新

中島潔”今”を生きる―そして伝えたいこと  平成29年7月8日~9月10日 

 中島潔展 チラシ表 中島潔 チラシ裏

中島潔展 チラシ表 [PDFファイル/1.32MB]

中島潔展 チラシ裏 [PDFファイル/1.03MB]

会 期

平成29年7月8日(土曜日) ~ 9月10日(日曜日)

月曜日は休館 ※但し7月17日(月曜日)は開館。7月18日(火曜日)は休館。

観覧料

一般800円、大学・高校400円、小中学生200円、ココロンカード可

団体割引(20名様以上) 一般600円、大学・高校300円、小中学生150円

内容

 中島潔は1943年(昭和18年)に生まれ、佐賀県に育ちます。18歳で母の死を機に上京し、独学で絵の道を歩みはじめました。

 28歳でパリに学ぶ機会を得、そこでかえって日本画の良さを痛感し、あらためて画家として進んでいくことを決意します。

 1982年NHK「みんなのうた」のイメージ画が大きな反響を得て以来30年以上にわたってやさしく温かでどこか懐かしさを感じさせる作風で多くの人々に支持されてきました。当館では2006年「故郷の詩」展 以来10年ぶりの開催となります。

 本展では、画家の旧作でその画歴をたどる「故郷の詩」シリーズ、生きることの意味を問い希望を託した大作「地獄心音図・心音図」の七連作、そして中島が自身の大病と東日本大震災を経て制作した新作「新しい風」シリーズの3部構成で作品を紹介。また、六道珍皇寺の「熊本観心十界図」の複製画を展示し、あらためていのちの輝きをみつめます。さらに、古刹高源寺に伝わる弘厳和尚筆「地獄極楽変相図」と、本展開催にあたって丹波をイメージして描き下ろされた新作「実りの風」もあわせてご紹介いたします。 

 ★ 開会式・講演会・サイン会

日   時

平成29年7月8日(土曜日) 13時00分~(講演会 13時30分~/サイン会 15時00分~16時00分)

講   師

中島 潔 氏  

参加費

無料 ※但し改めて観覧料が必要

予   約

6月25日(日曜日) 10時00分~ 電話予約受付開始 ☎0795-82-5945【先着100名】

 ※サイン会は、当日会場にて版画、書籍、図録をお買い上げの先着100名様が対象

★ 夏休み!!わくわく美術館体験!

   ワークショップ 「鬼のかぶりものお面をつくろう」

   お 話 し 会 「地獄のはなし・いのちのはなし」

夏休み!!わくわく美術館体験!

日   時

平成29年7月29日(土曜日) 15時00分~19時00分(終了予定)

講   師

山本 祖登 氏(丹波市青垣町 高源寺住職) 他  

参加費

700円(材料費・軽食代含む) ※但し改めて観覧料が必要。

対   象

小学生及び保護者 (3年生以下は保護者同伴要)

定   員

30組 (電話予約 0795-82-5945)

申   込

7月11日(火曜日)午前10時00分から電話予約受付開始 (先着順・定員になり次第締め切ります。)

夏休み!!わくわく美術館体験! [PDFファイル/281KB]

★ ギャラリートーク・サイン会

日  時

平成29年8月27日(日曜日) (ギャラリートーク 13時00分~/サイン会 15時00分~16時00分)

講   師

中島 潔 氏

参加費

無料 ※但し改めて観覧料が必要。

予   約

不要

※サイン会は当日会場にて版画、書籍、図録をお買い上げの先着100名様が対象