ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 丹波市復興特設サイト > 復興から発信するまちづくりシンポジウム

復興から発信するまちづくりシンポジウム

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月21日更新

平成29年8月27日に「復興から発信するまちづくりシンポジウム」を開催しました。

第1部は徳島大学総合科学部准教授の田口 太郎氏が「市民による復興まちづくりの定義~復興まちづくりから市民自治へ~」をテーマに基調講演。

徳島大学総合科学部准教授の田口太郎氏 講演の様子

第2部のパネルディスカッション「復興モデルから考えるまちづくり」では、コーディネーターの関西大学環境都市工学部教授 岡 絵理子氏と、豪雨災害から復興に取り組むグループの代表者ら4名が、今後の課題や夢を発表し、丹波市全体のまちづくりを考えました。

 パネルディスカッションの様子 関西大学環境都市工学部教授の岡絵理子氏 パネリスト 青木 俊博氏

 パネリスト 余田 明美氏 パネリスト 黒田 拓治氏 パネリスト 麻生 赳徳氏

外部の力を巻き込みながら、市民が中核となったまちづくりを楽しんで進めていくことが、復興4年目の「地域のにぎわい」「持続性ある活力社会」の実現につながっていきます。

パネルディスカッション【復興モデルから考えるまちづくり】記録 [PDFファイル/224KB]

【復興から発信するまちづくりシンポジウム】プログラム [PDFファイル/894KB]