ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 職員人事・採用・給与 > 職員の器物損壊及び窃盗容疑での逮捕事案について

職員の器物損壊及び窃盗容疑での逮捕事案について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月19日更新

1 所属・役職等
 建設部 主幹(40歳代 男性)

2 逮捕事案
 器物損壊及び窃盗容疑

3 今回の新聞報道の内容
 丹波警察署は9月23日、器物損壊及び窃盗(万引き)容疑で上記職員を逮捕した。逮捕容疑は、5月4日午後6時半頃から7時40分頃までの間に、市内商業施設(氷上町石生)でTシャツ6枚に傷をつけて損壊した他、別のTシャツ6枚(販売価格19,242円)を盗んだ疑い。同署によると、容疑を認めず、黙秘しているという。(新聞記事等より抜粋) 

4 これまでの経過
 8月1日(火曜日) 午後6時頃  市内スーパーで窃盗(万引き)の現行犯で逮捕
 9月1日(金曜日)  懲戒処分 停職3ヵ月(11月30日まで)
 9月23日(土曜日) 午後10時頃 警察等からの連絡により発覚

5 市長コメント
 平成29年9月23日、先に9月1日付けで窃盗により3か月の停職処分としておりました職員が、別件の器物損壊及び窃盗の容疑で逮捕されました。現在捜査中でありますので、事実関係が明らかではありませんが、事実であれば大変遺憾なことであり、公務に対する信頼を失墜させることになり、市民の皆様には心から深くお詫び申し上げます。今後、事実関係が確認され次第厳正に対処して参ります。併せて、全職員が公務外においても全体の奉仕者として、常に意識と自覚を持つよう網紀の粛正を図ってまいります。