ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > FAQ(よくある質問) > 介護保険課 > 介護保険のサービスを利用するための手続方法について知りたい。

介護保険のサービスを利用するための手続方法について知りたい。

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月21日更新

介護保険のサービスを利用するための手続方法は次のとおりです。

 

 ⒈ 利用手続きと方法

(1)介護サービスを利用するためには、介護保険担当窓口で、要介護認定等の申請を行い、要支援・要介護認定を受けます。

(2)要介護1~5と認定された方は、指定居宅介護支援事業者を選び、介護支援専門員(ケアマネジャー)に介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼します。要支援1~2と認定された方は、丹波市包括支援センター(丹波市介護保険課内)に連絡をし、介護予防サービス計画の作成を依頼します。

 ⒉ 対象者

(3)市内に住所を有する65歳以上の方(第1号被保険者)

(4)市内に住所を有する40歳~64歳の医療保険加入の方(第2号被保険者)

 ⒊ サービス内容

介護サービス(要介護1~5の方)には、在宅サービス・施設サービス・地域密着型サービスがあります。介護予防サービス(要支援1~2の方)には、在宅サービスと介護予防地域密着型サービスがあります。それぞれのサービスを利用するためには、原則費用の1割を負担します。