○丹波市斎場条例

平成16年11月1日

条例第140号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、丹波市斎場(以下「斎場」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置等)

第2条 市は、火葬及び葬儀等の利用に供するため、斎場を設置する。

2 斎場の名称及び位置は、次の表のとおりとする。

名称

位置

丹波市氷上斎場

丹波市氷上町絹山1025番地1

丹波市柏原斎場 つつじ苑

丹波市柏原町下小倉2088番地20

(業務)

第3条 斎場は、その目的を達成するため、次に掲げる業務を行う。

(1) 遺体(妊娠4箇月以上の死胎児を含む。)の火葬に関すること。

(2) 改葬遺骨、身体の一部、胞衣(妊娠4箇月未満の死胎児、胎盤等をいう。以下同じ。)及び小動物(つつじ苑に限る。)の焼却に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、必要な業務

(使用の許可)

第4条 斎場を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、斎場の管理上の都合により許可できないときは、当該死亡者が丹波市の住民である場合に限り、特別の措置を講じなければならない。

3 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、使用を取りやめ、又は許可事項を変更しようとする場合は、遅滞なくその旨を市長に届け出なければならない。

4 市長は、第1項の許可をする場合において、斎場の管理上必要な条件を付すことができる。

(使用許可の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、斎場の使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれのあるとき。

(2) 建物、附属設備、備品等を破損するおそれのあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、斎場の管理上支障があると認めるとき。

(使用権の譲渡等の禁止)

第6条 使用者は、その権利を他人に譲渡し、若しくは転貸し、又は許可目的以外に使用してはならない。

(使用許可の取消し等)

第7条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、許可した事項を変更し、若しくは使用の許可を取り消し、又は使用を中止し、若しくは制限することができる。

(1) この条例又はこれに基づく規則等に違反したとき。

(2) 第5条各号のいずれかに該当する事由が生じたとき。

(3) 偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたとき。

(4) 使用の許可に付した条件に違反したとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、斎場の管理上支障があると認めるとき。

2 前項の規定により許可した事項を変更し、若しくは許可を取り消し、又は使用の中止、若しくは制限を命じた場合において、使用者に損害が生じても、市長は、その損害賠償の責めを負わないものとする。ただし、前項第5号に該当する場合は、この限りでない。

(使用料)

第8条 斎場の使用料は、別表に定めるとおりとする。

2 前項の使用料は、その許可を受けたときに納入しなければならない。ただし、市長が特別の事由があると認めた場合は、この限りでない。

(使用料の減免)

第9条 市長は、特に必要があると認める場合は、前条第1項の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第10条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認めた場合は、この限りでない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、斎場の施設を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めた場合は、この限りでない。

(その他)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の氷上町斎場の設置及び管理に関する条例(平成9年氷上町条例第26号)若しくは青垣町営火葬場の設置、運営及び管理に関する条例(昭和56年青垣町条例第13号)又は解散前の柏原町・山南町・市島町・春日町衛生一部事務組合斎場の設置及び管理運営に関する条例(平成11年柏原町・山南町・市島町・春日町衛生一部事務組合条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月31日条例第33号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年12月22日条例第51号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月8日条例第9号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成27年9月30日条例第36号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第8条関係)

斎場使用料

(消費税相当額含む。)

区分

単位

使用料(単位:円)

市内

市外

火葬

満12歳以上

1体

20,000

60,000

満12歳未満

1体

10,000

30,000

妊娠4箇月以上の胎児

1体

5,000

10,000

焼却

改葬遺骨

1件

5,000

10,000

身体の一部

1件

5,000

10,000

胞衣

1件

5,000

10,000

小動物

1件

5,000

10,000

和室

1室1回

3,000

6,000

葬祭場

1回

50,000

150,000

霊安室

1回(24時間以内)

10,000

20,000

備考

1 「市内」とは、次の死亡者等の区分に従い、当該各号に定める要件に該当する場合をいう。

(1) 死亡者(4箇月以上の死胎児にあっては、その父又は母)が死亡時に本市の住民基本台帳に記録されている場合

(2) 胞衣については、本人が申請時に本市の住民基本台帳に記録されている場合

(3) 改葬遺骨については、改葬しようとする遺骨が埋葬されている墓地の所在が、本市にある場合

2 「市外」とは、「市内」に該当する場合以外(死亡者の住所が不明の場合を含む。)をいう。

丹波市斎場条例

平成16年11月1日 条例第140号

(平成27年9月30日施行)