ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

過去のイベント

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月19日更新

令和3年度

 びじゅつかんにいってみよう!  vol.14 10月6日・10月28日

チラシ画像

はじまりの会        ママとお話

はじまりの会では、子どもと美術館を楽しむ          「凧あげをしてるね。」

4つのコツをお伝えしました。                ママとお話ししながら見たよ。

 

カード集め                                    ふみ台

作品のカード集めをしたよ。                 ふみ台に乗るとよく見えるね。

虫メガネ   

虫メガネで観察。

「はだかの人がいる」「おうちもある(籠で川を渡る様子を見て)」

川を渡る人々の様子をとてもよく観察して教えてくれました。

 

 小さな子どもに浮世絵なんて難しいかな、と思っておられる保護者の方が多かったのですが、庶民の生活を描いた浮世絵は思った以上に子どもの知る物や場面がありました。

 東海道五十三次では、馬や船などの乗り物や、名物まんじゅうを食べる人、雨が激しく降る様や雪が降り積もる景色などがあり、保護者やサポートスタッフが「お馬さんに乗っているね。」「大きいお口で食べているね。」と話しかけることで、子どもたちは自分の知っている物や事柄をどんどん発見していきました。

 初めての虫メガネにも興味津々。作品を学者のように眺める子や、館内の床や扉など建物の模様を発見して喜ぶ子の姿もみられました。このツアーで大切にしていることは、「美術館で過ごす親子の時間」を楽しいものにしてもらうことです。子どもたちはゲームやクイズをしながら建物探検をし、場所に慣れてくると作品にも目が向き、発言もでてくるようです。親子で美術館デビューしてみたいな、そんな方はぜひご参加くださいね。

 

【参加者より】

「まだ難しいかなと思ったけど、中々普段触れることが出来ないので、とてもイイ経験になりました。」

「浮世絵の中の船や馬、滝など知っているものに興味を示していました。」

 

 びじゅつかんにいってみよう!  Vol.13 7月29日・8月27日

ちらし

赤ちゃんからの美実鑑賞ツアー     赤ちゃんからの美実鑑賞ツアー

ふみ台を使って、自分で選んだ作品を見たよ。     大きい子は、自分でふみ台を運べたよ。

 

赤ちゃんからの美実鑑賞ツアー     赤ちゃんからの美実鑑賞ツアー

絵本の読み聞かせもありました。           だっこで、美術館デビューしたよ。

ここは何かな ここは何かな? 建物をたんけんだ!

 

宮西達也さんの愛にあふれた世界をいっぱいに感じられる展覧会でした。玄関で大きなティラノサウルスたちに迎えられたり、館内にたくさんのウルトラ怪獣のパネルが潜んでいたり、子どもたちの興味関心は色んなところにむいていました。はじめは、ちょっぴりどきどきしていた子どもたちですが、少しずつ美術館という空間に慣れて、思い思いに楽しむ姿が見られました。

ツアーの参加者には「もう一回券」という招待券をプレゼントしています。今日ゆっくり見られなかったところは、期間中にもう一度見に来てくださいね、という気持ちです。ちいさな子ども連れの来館は、思うようにいかない時もあるけれど「親子で美術館に行ったよ」という経験をたくさんの方にしてほしいな、それをこれからも応援するツアーでありたいと考えています。

 

【参加者より】

「小さいこどもでも泣いたり声を出したりすることを、あまり気にせずに見られたので、参加してよかったです。」

「もう少しゆっくり見たかったところですが、小さい子にはちょうどよいのかな。もう一回券でもう一度見られるし…と思えたのもありがたくよかったです。」

アニメーションはたのしいな♪  Vol.12  4月22日・5月18日

チラシ

シール  指差し

バナナのへや、みぃつけた!                        こちらも、みぃつけた!

シールをはるよ。

 

だっこで  階段すき

お母さんと一緒に。                                       階段がたのしい!!何度も往復しました。

 

 緊急事態宣言の中、最少人数でツアーを行いました。検温、手指消毒、幼い子どもたちもとても上手です。いつものシールラリーや作品クイズを楽しみながら観覧しました。子どもたちは、少しずつ場所になれて最後はたくさんの笑顔を見せてくれました。

【参加者より】

「最近アニメに興味を持ちかけているので良かったと思う。」

「子どもには観点が大人とは違うアプローチを必要とすることを改めて知りました。」

 

 

令和2年度

ゆうきゅうってなんだ?  Vol.11  2月3日・3月4日

李行簡 赤ツ

お茶碗  館長シール

カードと同じお茶碗をみつけたよ。         館長さんにスペシャルシールをもらいました!

 

館長室

館長室をノック!だれがいるかな?

 

 掛け軸、ふすま、陶磁器まで、鮮やかに彩られた李行簡の作品が集まりました。四回目の参加になり、「おめでとうカード」をお渡しした親子もおられました。子育ての一ページに美術館を活用していただき、ありがとうございます!

【参加者より】

「シールやパズルゲームなど、小さい子どもでも親しみやすかったです。」

「子どもに美術館を体験させてあげられたのが嬉しいです。」

 

 

 

お山のパーティーはじまるよ! Vol.10  11月26日・12月8日

チラシ

はじめての美術館       パズル

初めて美術館で絵を見たよ。               作品のパズルがあったよ。

 

お母さんといっしょ  お母さんと一緒に絵を見たよ。


 たくさんの山の絵が集まった展覧会でした。こどもたちはカード集めをしたり、サポートスタッフさんから「お山クイズ」を出してもらったりしました。今回が美術館デビューになった親子連れも多く、初めての美術館を興味深くたんけんする姿が見られました。

 

【参加者より】

「ゆっくりたくさんの絵を見ることができ、息抜きできました。」

「スタッフのみなさんがやさしく安心しました。」

「1歳の子もウロウロしながら興味をもった絵があり、新しい発見でした。」

 

くものうえに もりのなかへ Vol.9   7月28日・8月7日・9月3日

赤ちゃんツアー 山本二三

どんな絵が サポートスタッフから作品クイズ

どんな絵があるかな?            サポートスタッフから作品クイズを出してもらいます。

踏み台にのると ふみ台に乗ると、少し作品に近づけるね。

 

コロナ禍において、募集定員を減らし、感染防止対策を行いながらの開催になりました。

人気のシールラリーに加え、今回は作品クイズやこども用ふみ台を新たに設置。

プログラムを見直し、より参加者のペースで観覧できるツアーになりました。

 

【参加者の感想】

「赤ちゃんツアーがあり、気がねなくみることができてとてもよかったです。」

「クイズを出してもらったりして、館内で楽しくお話しても大丈夫な感じが親しみやすかったです。」

 

 

【コロナ感染予防対策のため中止】 とうじろうさんとけいとくちん  Vol.8  4月11日

 赤ちゃんツアーチラシ

令和元年度

芸術の森をおさんぽしよう Vol.7      11月22日・12月4日

芸術のもりをおさんぽしようチラシ

 カードと同じ絵を発見     ピカソの絵の前でお話タイム

 カードと同じ絵を発見!!        ピカソの絵の前でお話タイム

 一緒にパズルに挑戦中

 一緒にパズルに挑戦中!!

 

 

今回のイベントでは、カードになった絵と同じ作品をみつけるゲームをしたり、作品の中に描かれている動物さがしをしました。

またピカソの絵の前では、女の人かな?男の人かな?どっちを向いているのかな?と一緒にお話ししながら鑑賞しました。

 

【参加者の感想】

「こどもなりに素直に鑑賞していてよかったです。」

「カードと同じ絵をちゃんと見つけていたので、子どもの成長を感じることができました。」

うつくしいってこんなこと Vol.6          9月18日・10月3日

 チラシ

探検スタート      パズル

「このひとどこだカード」で探検スタート!          実際の絵をよく見ながらパズルに挑戦中!

鑑賞

作品をじっくり見つめています。

 

今回のイベントでは、李さんの描く美しい人物画をみてもらうために、「このひとどこだカード」を使って、カードに描かれている人物と同じ作品はどれかを探したり、作品パズルをしました。

【参加者の感想】

「子どもが歩くようになってゆっくり美術館で絵を見ることができなかったがサポート頂き、楽しく見ることができました。」

「『この人はどこでしょう?』とゲーム感覚で探したり、パズルをしたり楽しく回れました。」

 

わくわく!はじめてのちょうこくてん Vol.5   7月30日・8月9日

 チラシ

 中を覗く  牛に乗る

 ぐるぐる

今回のイベントでは、「タッチ!アート」と題し、実際の展示作品に手で触れ、「つるつるするかな?ざらざらかな?」「温かいかな?冷たいかな?」とその質感を感じたり、作品を持ち上げて中を覗いたり、色々な角度から彫刻を見ました。

また、磯尾先生から特別に許可を頂き、牛の上に乗る体験もしました。

はじめての彫刻を、体いっぱいに感じたイベントになりました。

 

【参加者の感想】

「普段見たり、触れたりすることのできないものを体験することができてよい経験になりました。」

「子どもたちも嫌がらず、体験をしながら進んでいったので喜んでいました。」

びじゅつかんをたのしもう! Vol.4  ~花鳥画の世界へようこそ~ 6月13日

 チラシ4

カード集め         ベビーカー②

今回のイベントでは、作品の中に登場する吉祥の絵柄(生き物や植物)をカードにし、「ハッピーを集めよう」と題して、特製バックに集めていくカード集めや、パズルをしました。

また、掛け軸を実際に展示する様子も見学しました。

 

【参加者の感想】

「子ども向けの説明が、大人にも優しく楽しかったです。」

「美術品、絵画に親しむ良い機会になりました。」

 

びじゅつかんをたのしもう! Vol.3 ~ちひろの世界へようこそ~ 4月24日 5月9日

びじゅつかんをtのしもう3

 【参加者の感想】

 「一緒の絵探しは2歳でもできてよかったです。」

 「大人の目が多くあったので、いつもより自分も(保護者も)楽しめた。」

 平成30年度

びじゅつかんをたのしもう!Vol.2 かわばたさんからのおくりもの 2月13日 3月12日

 かわばた親子チラシ

【参加者の感想】

「カードやパズル、サイン探しなど、遊びながら進めたのでご機嫌で見ることができました。」

「見るポイントを教えて下さり、大人も見ていて楽しかったです。サポートの方がいて下さるのもありがたいです。」

 

びじゅつかんをたのしもう! おやこでめぐるミュシャ展  11月21日 11月30日

ミュシャ親子チラシ

【参加者の感想】

「美術館に来るのが初めてで、子どもと一緒なら尚更静かにすることや、じっとしていることが大変なので、気がねなくゆっくり見れてよかったです。」

「同じ状況のママ同士でリラックスして参加できました。スタッフの方のサポートも助かりました。」