ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年国勢調査

~5年に1度、100年目の節目を迎える令和2年国勢調査~

 令和2年10月1日を基準日として、5年に1度、全国一斉の国勢調査が実施されます。
 市内に住むすべての人と世帯(外国人含む)が調査の対象です。住民票の住所地に関わらず、普段丹波市でお住まいの方は、丹波市で調査の対象となります。
 
 調査の結果は、地方交付税の算定基準や人口推計の基礎資料となるほか、諸施策の礎となる最も重要な統計調査です。
 
 令和2年国勢調査は、大正9年(1920年)の調査以降、21回目の調査であり、100年の節目を迎えます。

調査のスケジュール

 9月14日(月曜日)~9月20日(日曜日) 各地域の調査員が、世帯を訪問し、調査書類を配布します。
                     10月7日(水曜日)が回答期限です。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、インターホン越しの調査となったり、郵便受けに調査書類を投函する場合があります。調査員は世帯を訪問の際に、世帯の代表者の氏名や世帯員数等を聞き取ります。

※かたり調査を防止するため、調査員は調査員証と青色の腕章、青色の手提げ袋を身につけています。

 《回答期間》
 インターネット回答⇒9月14日(月曜日)~10月7日(水曜日)
      郵送提出⇒10月1日(木曜日)~10月7日(水曜日)
   調査員への提出⇒10月1日(木曜日)~10月7日(水曜日)

インターネット回答の方法≪9月14日(月曜日)~10月7日(水曜日)≫

 調査員が配布しました調査書類の中に、「インターネット回答利用ガイド」があります。
 世帯ごとにログインIDとアクセスキーが記載してありますので、サイトにアクセスし、入力してください。

 インターネット回答サイトはここから⇒https://www.e-kokusei.go.jp/

国勢調査2020総合サイト 

 国勢調査に関する総務省統計局の総合サイトです。
 回答状況(インターネット・郵送)が随時掲載される予定です。

 国勢調査バナー

※バナーをクリックすると、総務省のホームページにつながります。

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた調査

 新型コロナウイルス感染症対策のため、積極的にインターネットでの回答をお願いします
 世帯と対面する場合、調査員はマスクを着用します。
 インターホン越しでの調査となったり、郵便受けに調査書類を投函する場合があります。
 調査員による調査書類の回収をご希望の場合は、調査員が訪問の際にお申し出ください。

調査の目的

 日本国内の人口や世帯の実態を明らかにし、各種施策のための基礎資料を得ることを目的として5年ごとに実施しています。
 調査の結果は、若者の雇用対策、児童福祉、高齢者の介護・医療、地域の活性化など、私たちの暮らしのさまざまな分野で役立てられる基礎データになります。
 また、民間事業者でも、商品開発やマーケティング、出店計画など、幅広く活用されています。

調査の対象

 10月1日現在で、国内に住んでいる人すべての人と世帯が対象です。生まれたばかりの赤ちゃんはもちろん、3ヶ月以上日本に住んでいる(住むことになっている)外国人も調査の対象となります。
 住民票上の住所地であるかどうかは関係ありません。ふだん住んでいる(住むことになっている)場所で調査を行います。

調査で調べること

〇世帯員について

 男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態、従業地または通学地など15項目

〇世帯について

 世帯の種類、世帯員の数、住居の種類、住居の建て方の4項目

法律で回答する義務が定められています

 国勢調査は行政や民間で幅広く活用される調査です。そのため、高い信頼性が求められています。
 信頼性を確保するため、この調査には、統計法で回答する義務が定められています。

結果の公表

 人口速報(男女別人口及び世帯数)は令和3年6月に公表される予定です。
 ※新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年2月公表予定から延期されています。