ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月1日更新

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルスワクチン接種は、予防接種法に基づき、国の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において実施することとされています。丹波市においても、5月18日から高齢者の集団接種を開始しています。また、6月下旬よりかかりつけ医による個別接種も開始します。

 市民の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、接種を希望されるすべての方が接種できるように、ワクチンは順次供給されます。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

丹波市の当面の対応方針について 

1 接種方針

1) 高齢者施設入所者に対して接種を行い、施設におけるクラスター予防対策を図ります。

  4月26日から接種を開始しています。

2) 5月18日から高齢者の方への集団接種を開始しています。

3) 6月下旬からかかりつけ医での個別接種を開始します。  ※実施状況は医療機関によって異なります。

2 接種券の送付

1) 65歳以上の市民の皆さまに4月15日に送付しました。

2) 64歳から16歳以上の市民の皆さまへは6月下旬の発送を予定しております。

3 集団接種の方法

1) 場    所 : 丹波市立看護専門学校体育館 

          (県立丹波医療センター・丹波市健康センターミルネ隣接)

 

2) 実施日時 : 火曜日から金曜日の午後1時より3時30分

           土曜日の午後1時より6時30分

 

3) 受   付 : 完全予約制

 

4) 予約方法 : 専用予約ダイヤル(電話)またはWebで受付いたします。

 

5) 予約開始時期  : 予約が集中し電話がつながりにくいことが予想されるため、開始直後の混雑・集中を緩和するため、次のとおりといたします。

 ※予約の一元管理のため、窓口での予約は出来ませんので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

 (1)電話  新型コロナワクチン予約センター  0570-088-091 (平日 午前9時~午後5時まで)

 

 (2) Web  予約サイトアドレス   https://jump.mrso.jp/282235

 

  ※電話、Webどちらの場合も、お手元に郵送した接種券をご準備ください。予約の際に、お名前、住所などのほか、接種券番号(10ケタ)も必要です。また電話の場合は、予約日時をお伝えしますので、筆記用具(メモ用)もご準備ください。

 ※現時点でのスケジュールであり、今後のワクチン供給状況により変更があることを予めご了承ください。

 

5)  交通支援について

(1) 24自治協議会単位で地域拠点に臨時バスを運行します。ルート別の運行スケジュールをご確認いただき、バスをご利用される方は接種予約時にお知らせください。

(2) ご自宅から臨時バス地域拠点地までの交通手段は、デマンド型乗り合いタクシーのご利用が出来ます。ただし事前の利用登録が必要ですので、ご希望の方は、ふるさと定住促進課または各支所窓口でお手続きください。利用料は片道300円です。

  集団接種臨時バス時刻表 [PDFファイル/111KB]

6) 接種当日、ご協力いただきたいこと

(1) 持ちもの : 接種券、予診票、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

          予診票はあらかじめボールペンでご記入ください。

          接種券ははがさずそのままお持ちください。

(2) 服   装 : 肩の上のほうに接種しますので、肩を出しやすい服装でお越しください。

(3) 三密を避けるため、予約時間を守ってお越しください。会場に早く到着された場合は車中で予約時間までお待ちください。

(4) 体調不良等でキャンセルされる場合は、必ず予約センターまでご連絡ください。貴重なワクチンを無駄にしないためにもご協力をお願いいたします。

 

  新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ 臨時5月号 No.1 [PDFファイル/549KB]

    新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ No.2 [PDFファイル/42KB]

   新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ No.3 [PDFファイル/996KB]

 

4 個別接種の方法

1) 実施方法  :  実施状況は医療機関によって異なります。 

             かかりつけ医で定期的に受診されている方は、かかりつけ医に

             ご相談ください。

2) 予約方法  :  かかりつけ医に接種の有無をお尋ねください。

             ミルネ診療所では、かかりつけ医でない方も接種が可能です。

             ただし、予約についてはWeb予約に限ります。

             予約サイトアドレス  https://jump.mrso.jp/282235

            ※集団接種の予約をされている方で、個別接種の予約ができた場合は、

             必ず集団接種の予約キャンセルをしてください。

            ※重複した予約はワクチンの無駄につながります。

3)  集団接種予約のキャンセル方法

            (1)電話 : 新型コロナワクチン予約センター

                   0570-088-091 (受付時間 : 平日 午前9時~午後5時)

            (2)Web  : 予約サイトアドレス   https://jump.mrso.jp/282235

                            キャンセル方法 [PDFファイル/827KB]

4) 必要書類  :   接種券 ・ 予診票  ※予診票はあらかじめご記入ください。

            本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

接種回数 ・ 接種間隔について

 現在、確保が見込まれるワクチンは、2回接種が必要です。

 1回目接種後に2回目の予約をお取りし、予診票をお渡しします。目安は3週間後の同じ曜日、同じ時間です。

 

接種費用について

 無料で接種できます。

接種券の再発行(紛失等)、新規発行(転入者)について

 1 接種券の再発行について

紛失等による再発行申請は、各支所および健康課窓口、または健康課宛てに郵送申請でしていただくことが可能です。

※即日発行を希望される場合は、健康課窓口へお越しください。

〒669-3464 丹波市氷上町石生2059―5 健康センターミルネ2階 健康課

新型コロナウイルスワクチン接種券(新規・再)発行申請書 [PDFファイル/271KB]

 

 2 転入された方の接種券の新規発行について

転入された方で、新型コロナウイルスワクチンの接種が未接種の方は、接種券を発行させていただきます。(転入から数日経過後に発行が可能。)

各支所および健康課窓口、または健康課宛てに郵送申請を行ってください。

〒669-3464 丹波市氷上町石生2059―5 健康センターミルネ2階 健康課

新型コロナウイルスワクチン接種券(新規・再)発行申請書 [PDFファイル/271KB]

※過去の接種回数を正確にご記入ください。

 

3 丹波市から転出される方の接種券について

丹波市から転出後は、丹波市から発行された新型コロナウイルスワクチンの接種券はお使いいただけません。転出先の市町村で、接種券の新規発行についてお尋ねください。(丹波市への接種券の返却は不要です。)

 

4 大規模接種会場や他市の医療機関で接種される場合について

16歳から64歳以下の方で、6月下旬までに大規模接種会場や他市の医療機関等で接種の見込みがあり、接種券が早期に必要な場合は、各支所および健康課窓口、または健康課宛てに郵送申請を行ってください。

〒669-3464 丹波市氷上町石生2059―5 健康センターミルネ2階 健康課

新型コロナウイルスワクチン接種券(新規・再)発行申請書 [PDFファイル/271KB]

※申請理由のその他の欄に、早期発行が必要な理由をご記入ください。

 

住民票がある場所(住所地)以外での接種について

 1 丹波市に住民票がある方で丹波市外接種を希望される場合

 原則として、住民票のある市町村で接種することとされています。しかし、入院・入所中などやむを得ない事情により、丹波市以外で接種を希望される方は、入院医療機関、入所施設にお問い合わせください。

 また、市外のかかりつけ医で接種を希望される場合も、各医療機関にお問い合わせください。

 単身赴任等で丹波市外の接種会場(医療機関等)での接種を希望される場合は、その接種会場のある市町村にお問い合わせください。接種を希望される市町村へ「住所地外接種届」の提出が必要となります。また、接種券は丹波市から送付されたものを使用します。

 2 丹波市外に住民票がある方で丹波市で接種を希望される場合

 丹波市に「住所地外接種届」の提出が必要となります。「住所地外接種届」の提出がありましたら、「住所地外接種届出済証」を交付します。その「住所地外接種届出済証」と住民票のある市町村から交付された接種券で丹波市で接種をしていただくことになります。

 丹波市住所地外接種届 様式 [PDFファイル/150KB]]

 

接種を受ける際の同意について

 ワクチン接種は強制ではありません。接種する前に接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。

 ワクチンの接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意がないまま、接種が行われることはありません。

 

副反応について

  1.接種後、すぐに現れる可能性のある症状のある症状について 

副反応
項 目 主な内容
アナフィラキシー 薬や食物が体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。じんまなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が、急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。起きることは極めてまれですが、接種後にしてもしアナフィラキシーが起こってもすぐに対応なよう、ワクチンの接種会場では、医薬品などの準備をしています。
血管迷走神経反射 ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。

 2.接種後、数日以内に現れる可能性のある症状について

   接種部位の痛み、疲労、頭痛(50%以上)

   筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ(10―50%)

   吐き気、嘔吐(1-10パーセント)

    (厚生労働省ホームページ資料参照)

 厚生労働省:新型コロナワクチンの有効性・安全性について(外部サイト)

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずることがあり、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するため、予防接種健康被害救済制度が設けられてます。

 予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により医療費・障害年金等の給付が行われます。

 新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種基本法に基づく救済を受けることができます。

    厚生労働省: 予防接種健康被害救済制度について(外部サイト)

 

 

接種の状況(6月1日現在)

下記は市内の接種状況です。

接種実績
接種順位 1回目 2回目 合計
医療従事者等への接種 2,262 2,026 4288
高齢者への接種(集団接種、高齢者入所施設接種含む)  3,892 448 4340
基礎疾患を有する者への接種(高齢者を除く) 0 0 0
高齢者施設等の従事者への接種 0 0 0
60歳~64歳の者への接種 0 0 0
上記以外の者への接種 0 0 0
 合  計 6,154 2,474 8,628

新型コロナワクチンに関する電話相談窓口について

(1) 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

 電話番号 : 0120-76-1770(フリーダイヤル)

 受付時間 : 9時00分から21時00分(土曜日・日曜日・祝日も実施)

(2) 医学的知見が必要となる専門的な相談に関するお問い合わせ

 兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口

 電話番号  :  0570-006-733    Fax  :  078-361-1814 

 受付時間  :  9時00分から17時30分

 

関連リンク

  新型コロナウイルスワクチンの接種の詳細は、下記リンクをご覧ください。

  厚生労働省: 新型コロナワクチンについて(外部サイト)

  兵庫県が実施する大規模接種会場での接種を希望される方は、下記リンクをご覧ください。

  https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/daikibosessyu.html

  大阪自衛隊大規模接種会場での接種を希望される方は、下記リンクをご覧ください。

     https://info.vc-osaka.liny.jp/

    東京自衛隊大規模接種会場での接種を希望される方は、下記リンクをご覧ください。

  https://www.vaccine.mrso.jp/

 

新型コロナワクチン接種Web予約・キャンセルの手順動画