ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関する教育長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

令和2年5月15日午後7時30分~ 防災行政無線 全市放送

令和2年5月15日教育長メッセージ

丹波市教育長の岸田隆博でございます。

丹波市では、5月31日まで臨時休業を延長しているところですが、このたび、5月18日から登校日を設けることにしましたのでお知らせいたします。登校日を設ける理由は3つです。

一つは、文部科学省が、感染リスクをゼロにするという前提から、学校における感染及び拡大のリスクを可能な限り低減しつつ、分散登校を行う日を設けることにより、段階的に学校教育活動を再開することが重要であるという見解を示したこと。

二つ目は、児童生徒、保護者アンケートの結果から、ストレスを抱えている児童生徒の増加や生活リズムの乱れなどの課題が明らかになったこと。また、登校日を設けてほしいという声が多かったこと。

三つ目は、学校再開に向けて、児童生徒の不安を解消し、スムーズな再開を行うためには、段階的に登校日を設ける必要があると判断したことです。

丹波市教育委員会では、学校再開に向けた準備並びに段階的に教育活動を再開する時期と位置づけ、心身の健康状態の把握、心のケア等を目的に登校日を設けることにしました。

登校日につきましては、感染症対策を徹底した上で、児童生徒を複数のグループに分けるなどの分散登校を基本に実施いたします。具体的には、5月18日から22日までの期間は、週1回2時間以内の登校日を、5月25日から29日までの期間は、週2回2時間以内の登校日を設けることにしました。

なお、登校日や分散登校の方法につきましては、各学校の判断となりますので、学校からのお知らせをお待ちください。

学校における感染症対策として、「密閉」「密集」「密接」の3密という状況を避けることはもちろんのこと、「感染源を断つ」「感染経路を断つ」「抵抗力を高める」ことが重要であると考えております。「感染源を断つ」という点では、ご家庭での毎朝の検温や風邪症状の確認等をお願いすることになりますが、よろしくお願いいたします。

6月以降の対応につきましては、特定警戒都道府県の解除等、国・県の動向に注視しながら、改めてお知らせいたします。

保護者の皆様、地域の皆様には、引き続きいろいろとご心配をおかけいたしますが、子どもたちとのつながりを大切にし、一人ひとりに寄り添える教育を推進してまいりますので、温かく見守っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

問い合わせ先

【丹波市新興感染症(新型コロナウイルス)対策本部】

教育総務課:0795-70-0810