ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月9日更新

令和2年4月9日午後7時30分~ 防災行政無線 全市放送

令和2年4月9日市長メッセージ

丹波市長の谷口進一です。

4月7日の「国の緊急事態宣言」の発令を受け、丹波市としての対応につき、ご連絡いたします。

国は、感染者数の増大、特に感染経路不明の感染者数が増大していることを受け、兵庫県を含む7都府県に対し、5月6日までの緊急事態措置の実施を求めました。

兵庫県は、この宣言を受け、直ちに感染拡大防止や県民生活・県民経済の安定に向け、緊急事態措置を定めました。
この兵庫県の緊急事態措置の特徴は、次の3点です。

第1に、今回の決定や措置は、特別措置法に基づいた強い要請であることです。
第2には、対象区域が神戸・阪神間から但馬や淡路を含め、兵庫県全域となっていることです。
第3には、対象期間が5月6日までの約1か月間となっていることです。

次に、丹波市の対応について申し上げます。

今回の措置や要請は、国の緊急事態宣言において地域指定を受けた兵庫県が、国難といえる現在の感染危機を克服するため、県民・事業者、そして地方公共団体に対し、特別法に基づく強い要請を行ったものです。丹波市としては、このことを重く受け止め、感染症の蔓延防止対策に全力で取り組むこととします。

これまで丹波市では、市の社会教育施設等については一部を開放してきましたが、明日から5月6日までの間、住民センターや図書館などの社会教育施設や市営キャンプ場などのレジャー施設等について休館・休止にするとともに、計画していたイベント等については、延期・中止することにします。

個々の施設の取り扱いは、ホームページに掲載するとともに、近く新聞折り込みにより配布します丹波市臨時広報紙をご覧ください。

確かに、丹波市では現在、感染者は確認されていません。一部には、阪神間や大阪などと同様に厳しい対応をする必要はない、とのご意見をお持ち方もおられると思います。

しかし、兵庫県全域が地域指定された今、自からが感染者にならないよう市外等への外出を極力控えるなど市民が心をひとつにし、新型コロナウイルス感染の封じ込めを最優先に徹底すべき時です。

できるだけ短期間に地域指定が解除されますよう、市民の方々のご理解、ご協力をお願いします。

厳しい状況ではありますが、一緒に頑張りましょう。

問い合わせ先

【丹波市新興感染症(新型コロナウイルス)対策本部】

事務局:健康部地域医療課 0795-88-5082