ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関する市長映像メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月27日更新

令和2年4月27日市長映像メッセージ(全文)

丹波市長の谷口進一です。

この度の、新型コロナウイルス感染拡大により、私達の生活は大変に不自由なものとなってしまいました。

この間(かん)、医療従事者の方々におかれては、献身的な努力によってこの難局を乗り切っていこうとされていること、心から敬意と感謝を申し上げます。

また、マスクや消毒剤など、沢山の方々から丹波市にご寄付をいただきました。心より感謝申し上げます。

一方で、休業を余儀なくされている事業者の方々、また、休校が続く中で、子供さんたち、また、保護者の方々が大変に不安な気持ちをお持ちであろうと推察いたします。そういった中でもっとも大事なことは、まずは感染拡大を押さえ込むことであると思っています。これが実現できるかどうかが、今回のコロナウイルスの終息時期を早めることができるかどうか、その分岐点になります。

このことから、このゴールデンウイーク期間中は、ぜひとも皆さんに、外出はお控えいただきたい、いわゆる「ステイ ホーム」を心がけていただきたいと思います。

政府の専門家会議で、人との接触を8割減らす、10個のポイントを示していただきました。まずは1.ビデオ通話でオンライン帰省をしましょう。また、2.スーパーは空いている時間に利用ください。更に6.診療は遠隔診療で。こういったことがこれからは進んでまいります。また、8.飲食は持ち帰り、宅配で。9.仕事は在宅勤務で、10.会話はマスクを付けて。5.オンライン飲み会。こういったことも最近は若い人の間で進んでいるようであります。

さらに、一番下に掲げました、「三つの密を避けましょう」。こういったことを避けて感染拡大をぜひとも押さえ込みましょう。一人ひとりの力は小さいかもしれませんが、誰もが自覚することで乗り越えられます。一日も早くいつもの日常が取り戻せますように、皆様のご協力をお願い致します。

問い合わせ先

【丹波市新興感染症(新型コロナウイルス)対策本部】

行政部会:総合政策課 0795-82-0916