ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飛沫防止用シートを設置するときの注意点について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月11日更新

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点から、レジカウンターや受付窓口等で、飛沫防止用シートの設置が増えているところですが、商業施設において、ライターを購入したお客さんが試しに点火したところ、シートに着火する火災が発生しました。(丹波市外の事案です)

 シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、次のことに注意しましょう。

注意点

1 シート付近での火気の使用、喫煙を禁止し、白熱電球等の熱源となるものから距離をとりましょう。

2 スプリンクラー設備の散水や、自動火災報知設備の感知器の障害とならないようにしましょう。

3 避難の支障とならないようにしましょう。

4 必要に応じて難燃性または不燃性のものの使用を検討してください。