ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

妊産婦健康診査費助成事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

ご妊娠おめでとうございます。丹波市では、お母さんが安心して出産され、無事に「赤ちゃん誕生」という喜びの日を迎えていただけるよう、妊婦健康診査にかかる費用の一部を助成します。また平成30年4月から、産後1か月程度で実施される産婦健康診査についても、費用の一部助成を始めました。

対象者  

(1)母子健康手帳の交付を受けられた方

(2)妊産婦健康診査を受診される方で、受診日及び申請日において丹波市内に住所を有する方

上記(1)、(2)の要件を充たしておられる方

助成内容  

妊婦健康診査:14回受診分/上限90,000円

 *ただし、多胎妊娠の場合は、基本助成券5枚20,000円分を追加助成

産婦健康診査:1回受診分/上限5,000円

(1)助成券方式

・母子健康手帳発行時に下記の助成券を交付します。

・使用方法 : 妊婦健診1回の受診で健診費に応じ、基本券1枚 + 補助券(複数枚可)

         産婦健診1回の受診で基本券1枚

・使用できる医療機関等 : 兵庫県内の協力医療機関、助産院及び福知山市民病院

(抜粋):兵庫県立丹波医療センター・タマル産婦人科・西脇市民病院、いわたウィメンズクリニック、市立福知山市民病院など

 

助成券について

<妊婦健康診査費助成券>

種類 枚数

使用方法

基本券  4,000円券 14枚 妊婦健康診査にかかる受診1回につき、1枚使用してください。
補助券 10,000円券  1枚 1回の健診で基本券とあわせ、使用が可能です。
補助券  2,000円券  5枚 1回の健診で基本券とあわせ、複数枚の使用が可能です。
補助券  1,000円券 14枚 1回の健診で基本券とあわせ、複数枚の使用が可能です。

<産婦健康診査費助成券>

 基本券 5,000円券  1枚 

(2)償還払い方式

・助成券が使用できない兵庫県外の医療機関等で受診される方については、助成券を使用した場合と同様の算定方法で、最後の健診日から1年以内の申請により、一括して償還払いいたします。なお、転出される場合は必ず転出前に申請してください。

※ どちらの方式でも妊産婦健康診査にかかる費用のうち、医療保険適用外の健康診査費用のみが対象です。また母子健康手帳交付日以前の受診費用については、還付できませんのでご了承ください。

申請に必要な書類

助成券方式:通常は母子健康手帳交付時にお渡しいたします。(印鑑要)

        妊娠中に転入してこられた方は、お問い合わせください。

償還払い方式:申請書、母子健康手帳、印鑑、領収書(原本)、申請者名義の通帳