ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 入札・工事 > 制度・要綱 > 入札検査室 > 現場代理人の常駐義務緩和措置を拡大します。

現場代理人の常駐義務緩和措置を拡大します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月8日更新

 丹波市建設工事における現場代理人常駐義務緩和措置取扱要綱を下記のとおり改正しましたので、令和3年7月1日以降に入札公告または指名通知若しくは見積通知を行う案件から適用いたします。

従来:請負額1,000万円(税込)未満の丹波市発注の工事 3件まで兼務可能

改正後:請負額1,000万円(税込)未満の丹波市または兵庫県発注の工事で、丹波市内で施工される工事 3件まで兼務可能

(令和3年6月1日改正)

添付ファイル