ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ハチ、スズメバチの巣の駆除について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月22日更新

ハチの巣の駆除について

 スズメバチ、アシナガバチは、夏の終わりから秋にかけて個体数が増え、活発になるので注意して下さい。

 スズメバチ類は日本最大のハチで、興奮すると集団で人を攻撃してくるので、不用意に近づいたり、枝等を揺らしたりして刺激を与えないようにしてください。

 ハチを駆除する場合は、土地建物の所有者、管理者の責任で行ってください。

 ただし、ハチの駆除は大変危険を伴うので、発見したら自分で駆除せず、専門業者に相談するようにしてください。

 【駆除業者一覧】

住所 氏名 電話番号
丹波市青垣町桧倉229 足立 宏幸 0795-87-5267
丹波市山南町井原398 アドバンス建物管理株式会社 0795-77-1462
丹波市市島町矢代320 丹波メンテ 090-2119-4925
丹波市市島町上垣1055-6 ショーコー電設有限会社 0795-85-0566

※駆除にかかる料金は個人負担となりますので、依頼する業者にお問い合わせください。

スズメバチの巣の特徴

 スズメバチは木の枝、家の軒下や屋根裏に巣を作ることが多く、中には土の中に巣を作るものもあります。
 5月頃から活動を開始し、最初は徳利を逆さまにした形の巣を作り、徐々にボール状の巣へ変わっていき、巣の大きさは、長さ15cm、直径8cm程度です。

刺された時の応急処置

 1 刺された部位を手で毒液を絞り出す。
 2 できるだけ早く水で刺された部位を洗う。
 3 抗ヒスタミンの軟膏等を部位に塗って至急病院に行ってください。