ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市環境基本計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月28日更新

 丹波市では、市民が健全で恵み豊かな環境を享受し、良好な環境を維持して、これを将来の世代へ継承していくため平成19年3月に「丹波の森と農を活かし、人と自然が共生するまち」を目標に掲げた丹波市環境基本計画を策定しています。

計画の概要

 環境基本計画は、丹波市環境基本条例(平成16年11月1日制定)の理念を踏まえ、以下の7つの基本方針に沿って、市民、事業者、市の果たすべき責務に応じた取り組みを表しています。  

  • 環境への負荷が少ない自立、循環型のまちづくり
  • 生態系を育むまちづくり
  • 安全で健全かつ快適・文化的な環境のまちづくり
  • 地球環境の保全に貢献するまちづくり
  • よりよい環境へ市民皆で取り組むまちづくり
  • 環境を守り育てる仕組みを確立したまちづくり
  • その他良好な環境の保全及び創造に役立てるまちづくり

 計画期間

  平成19年度~平成28年度までの10年間

目指すべき将来像(丹波市の環境像)

  「丹波の森と農を活かし、人と自然が共生するまち」 

  丹波市の基幹産業である農林業を活性化するとともに、農林業を営む場である森林と農地の環境を保全し、良好な環境基盤の基に、そこに住む市民が環境に配慮しながら健康で節度を持った生活を営むとの思いが込められています。

基本目標の設定

  目指すべき将来像を実現するため、次の4つの目標を定めています。

   基本目標1 自然環境の保全と再生と活用 
   基本目標2 資源を大切にするライフスタイルの定着 
   基本目標3 健康で暮らしやすい環境保全 
   基本目標4 全員参加で育む丹波市の環境

計画の特徴

  1. 市民や事業者の自発的な環境行動を誘導する計画です。
  2. 環境を通じた市民活動を育成支援する仕組みを提案しています。
  3. 施策の進みぐあいを示す年次報告書を基に進行管理を行います。

添付ファイル