ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 地域活動 > 地域づくり > 環境課 > 丹波市地域おこし協力隊員が着任しました(2)

丹波市地域おこし協力隊員が着任しました(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月8日更新

地域おこし協力隊員の活動について

 地域おこし協力隊             
 委嘱式後の記者発表の様子(阪口 明美さん)

平成31年1月7日、丹波市の地域活性化を担う「地域おこし協力隊」に阪口 明美(さかぐち あけみ)さんが着任しました。 

阪口さんは、太陽光、太陽熱、特に木質バイオマスエネルギー等の自然エネルギーの取組をNPO法人丹波グリーンパートナーと協働で推進し、市内全域に広げていくため、自治会等への説明会の実施と、新エネルギー普及推進に伴う、薪ストーブ・薪ボイラーの普及啓発活動と薪の販路開拓の調査検証等に従事いただきます。

阪口 明美さんの紹介 

  年齢     44歳
  出身     大阪府
  委嘱期間  平成31年1月1日~平成31年3月31日 (*最長3年まで更新します。)

地域おこし協力隊とは

 地方自治体が、都市部の人材を過疎地域などの新たな担い手として受け入れ、地域力の充実・強化を図るため、総務省が取組みを推進するものです。