ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 地域活動 > 地域づくり > 環境課 > 令和元年度丹波市地域おこし協力隊隊員の募集

令和元年度丹波市地域おこし協力隊隊員の募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月23日更新

  丹波市の地域資源を発見・魅力化する地域おこし協力隊隊員を1名募集します!
  ~自然エネルギーを活用した地域づくりに参加してみませんか?~

1 概要

 丹波市では、木質バイオマスなどの自然エネルギーを活用し、環境保全や地球温暖化の防止だけでなく、先駆的なビジネスモデルや新しい環境調和型産業による雇用の創出など地域の再生や活性化につながる仕組みづくりに取り組んでいます。
 そのような中、平成26年8月の豪雨により、市内の256カ所にも及ぶ林地が崩壊、50万㎥(10tダンプ約10万杯に相当)の土砂や立木が流出し、住宅や農地に甚大な被害がもたらされ、少子高齢化や人口減少による地域力の低下、担い手不足による農地・山林の荒廃などの地域課題を問題になってきております。
 平成27年9月には、地域の人びとがグループで山に入り、森林整備をして木材を搬出する「丹波市木の駅プロジェクト」がスタートし、集まった木材を、薪に加工し、薪ストーブや薪ボイラーの燃料として市内で消費する仕組みをつくり、地球にやさしい循環型の脱化石燃料社会を目指しています。
 「木の駅」の活動を市内にPRし地域づくりと森林環境保全の取組を推進するため、イベント開催によるPR活動や参加される団体を増やすための自治会等への説明会の開催などの活動を行います。
 森林の環境整備や地域づくり、化石燃料から木質バイオマス燃料への転換のための薪ストーブや薪ボイラーの普及推進活動に従事いただけるIターン、Uターンの皆さんの応募をお待ちしております。

2 募集人員

1名

3 活動内容

地域おこし協力隊は、丹波市木の駅実行委員会と協力して、地域の人が山に入って森林整備を行い、森林の保全や地域づくりにつながる地域活動である「丹波市木の駅プロジェクト」の取組を市内全域に広げていくための活動を行う。

(1)丹波市木の駅実行委員会の運営を支援するとともに、入門(安全)講習の実施など支援活動を行う。
(2) 「木の駅プロジェクト」の説明会を自治会等で開催し、出荷登録者、登録森林を拡大するため申請手続きなどをサポートする。
(3) 丹波市木の駅実行委員会と協力して、地域ごとに「木の駅」ストックヤードができる仕組みをつくり、市民が積極的に搬出できる、原木運搬システムの構築を行う。
(4)森林の保全活動及び薪の製造管理から販売・配達までの集配システムの仕組みを構築する。 
(5) 木質バイオマスエネルギーが地域にもたらす効果を検証するため、「農」「林」「環」が連携した事業展開を市と連携し構築する。

支援体制

本市への定住及び地域の活性化を図るため、丹波市地域おこし協力隊起業・事業承継支援を受けることができます。

4 応募資格

  1. 「1.概要及び3. 活動内容」に沿った活動が可能な方。
  2. 「都市地域」または「政令指定都市のうち、条件不利地域の指定対象区域外の区域」に生活の拠点を置く方、または他の市町村の地域おこし協力隊員経験者で、隊員に任用された後に丹波市に住民票を異動できる方。ただし、既に丹波市に住民票の異動を行った方は対象外とします。
    ※上記、住所要件については、別添募集要項を参照の上、「11.質問」により事前に必ずお問い合わせ下さい。
  3. 第2次選考試験の日から概ね3ヶ月以内に着任できる方。
  4. 委嘱日(着任日)に、年齢20歳以上50歳未満の方。
  5. 心身共に健康で誠実に活動することができ、地域住民と協力しながら、自然エネルギーを活用した地域活性化に積極的に行動することができる方。
  6. 普通運転免許を有している方。
  7. パソコンを所持しており、ホームページ・ブログ等により協力隊員の活動状況等を情報発信できる方。
  8. 次の条件に該当しない方。
    禁固以上刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者。
  9. 任期終了後、本市に定住しようとする意欲がある方。
  10. その他、家族での居住も可能です。

5 活動場所

 兵庫県丹波市内(原則) ※詳細は、別添募集要項を参照のこと。

6 活動日程及び活動時間

  1. 活動日  週4~5日間程度(月20日以内)
  2. 活動時間 1日につき7時間45分程度を目安とする。 ※詳細は、別添募集要項を参照のこと。

7 雇用形態及び期間

  1. 丹波市地域おこし協力隊員として市長が委嘱します。(丹波市との雇用関係はありません。)
  2. 期間は、委嘱日(委嘱日:2次選考日から概ね3ヶ月以内)から令和3年3月31日とします。2年目以降は年度単位での委嘱とし、最長期間は3年とします。
  3. 地域おこし協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても、委嘱を解くことがあります。

8 報償金

 活動の対価として報償金8,300円/日を支払います。
 ※詳細は、別添募集要項を参照のこと。

9 活動に対する待遇等

  1. 住居の借上げ交渉等、詳細については隊員と市で協力して行います。
  2. この年度の予算の範囲内において、助成をします。(詳細は、別添募集要項を参照のこと) なお、隊員の活動状況に応じて待遇等の内容を変更する場合があります。

10 応募手続

応募期間

令和元年12月23日(月曜日)から令和2年2月21日(金曜日)まで。
郵送にて、ご応募下さい。応募書類を受付後、確認メールを送信致します。
なお、提出された書類は返却しません。

応募書類

  1. 応募用紙兼履歴書(丹波市のホームページよりダウンロードして下さい。)
    ※写真を添付し、必ず携帯電話以外のメールアドレスを記載すること。
  2. 住民票(省略のないもの、本籍地・住所履歴の記載があるもの、応募日から1ヶ月以内のもの)
  3. 隊員活動目標レポート
    800字程度(400字原稿用紙)のレポートを提出して下さい。
    ◆テーマ:『あなたは、「木の駅プロジェクトを通じて集まった木材を、木質バイオマスエネルギーとして利活用するために、どのような取り組みを行いますか。」』※「1.概要 3.活動内容」を参考に作成下さい。

11 質問

  1.  募集に関する質問は、「丹波市地域おこし協力隊員募集に係る質問事項」(丹波市のホームページよりダウンロードして下さい)に記入し、お問い合わせ先のメールアドレスへお願いします。
  2. 質問の回答については、質問のあった日の翌日から起算して3日以内に回答します。
  3. 地域おこしに関する聞き取り、現地視察が必要な方は、事前にご相談下さい。ただし、現地視察に伴う旅費等は申込者の負担となります。

12 選考

  1. 第1次選考
    書類受付後、概ね7日程度で結果をお知らせします。
  2. 第2次選考
    第1次選考合格者を対象に、丹波市役所で第2次選考(面接)を実施します。
    詳細な日時は、第1次選考結果を通知する際にお知らせします。
    ※上記、第2次選考試験(面接)に出席される方は、個人負担で出席下さい。
  3. 最終結果の報告
    第2次選考の面接結果により、合否の判定を、面接日の翌日から起算して7日以内に電子メール及び文書により通知します。

13 その他

 本募集による採用は事業に係る予算が議決され、その予算の執行が可能になったときに効力を有します。

14 添付書類

募集要項 [PDFファイル/355KB]

応募用紙兼履歴書 [Excelファイル/32KB]

質問用紙 [Wordファイル/16KB]