ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活衛生 > 感染症・予防接種 > 健康づくり > 子どもの定期予防接種を遅らせないようにしましょう
母と子の健康(子育て世代包括支援センター)
健康相談・健康教育
健診・歯科検診
食育クッキング(レシピ)
お知らせ

子どもの定期予防接種を遅らせないようにしましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月19日更新

 新型コロナウイルスの流行により、医療機関への受診に抵抗を感じられる方も多いかと思います。しかし、医療機関では、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止策に努めています。お子さまの健康が気になる時だからこそ、定期予防接種は遅らせずに予定どおり受けましょう。予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。特に、赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。そのため、生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。

 子どもの予防接種は、決して「不要不急」ではありません。まだ接種期間内の方は、体調に問題がないことを確認のうえ、お早めに接種をお済ませください。

【参考】

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールhttp://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=138