ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緊急通報システム

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月17日更新

緊急通報システム

ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯、日中独居者高齢者(対象の方に疾患がある場合)を対象とし、自宅内での事故や急病等の緊急時に、緊急通報センターに通報することで、予め登録された近隣協力者が援助等を行う事業です。 

事業内容

緊急通報システムとは、高齢者等が家庭内で急病、事故等により緊急事態に陥り援助を必要とする場合、高齢者等の自宅にある固定式電話機を用いて丹波市消防本部に設置された緊急通報センターに通報することにより、あらかじめ高齢者の申請により登録された近隣協力者による援助を得て、救助等を行う制度です。事前登録が必要です。

対象者

日常生活において何らかの不安を抱えている方で、かつ次の(1)から(3)のいずれかに当てはまる高齢者
 (1)65歳以上のひとり暮しの方
 (2)65歳以上の高齢者のみの世帯
 (3)65歳以上の日中独居の方(慢性的な疾患等を有する方に限る)

自己負担

緊急通報時における通話料(電話代)

注意点

利用には、事前登録が必要です。
近隣協力者3名、搬送後の住居管理者等が必要です。
自宅に固定電話が必要です。(携帯電話については利用できません。)
認知機能の低下などにより、電話機本体の使用ができない方への対応はできません。 

申請方法

添付の申請書にて申請してください。
後日、固定電話へのシステムの取り付けにお伺いします。

緊急通報システム申請書 [PDFファイル/205KB]

緊急通報システム申請書(記入例) [PDFファイル/268KB]