ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和3年度第2回丹波市初任者研修会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月28日更新

本年度採用の教員を対象とした第2回初任者研修会を開催しました。

 令和3年7月27日(火曜日)、本年度2回目となる市主催の初任者研修会を実施しました。

1 講義1:「不登校の未然防止と児童生徒との関わり」について

 今回の研修は、丹波市立教育支援センターで行いました。教育支援センター内には、「レインボー教室」も設置されておりそこに通う児童生徒の実態も踏まえて、不登校の未然防止に係るポイントや不登校児童生徒を生まないための関わり方などについて学びました。

講義1 講義1

2 講義2:「児童生徒の特性を見取り、適切に関わるために」について

 様々な特性をもつ子ども達。また、一人ひとりの抱えるこれまでの生活環境や人との関わりによって、その特性は多種多様です。担任として、そのような子ども達の背景をどのように見取り、一人ひとりの子ども達の豊かな成長に向けてどのように関わっていくかを学ぶための研修を行いました。

 講義2 講義2-2

 3 講義3:「丹波市のいじめ問題の実態及び課題」~いじめの起きにくい学級・学校風土づくり~

 丹波市におけるいじめ事案の実態をもとに、いじめの未然防止や早期発見、初期対応のあり方など、教員自身の認知力といじめ事案に対する対応力の向上を図るための研修を行いました。

講義3 講義3-3

4 講義4・演習1:「子どもたちがつながる学級づくり」について

 子どもたちをつなぐキーパーソンとなるのは担任であり、教員。子ども達の実態を適切に見取り、目指す児童生徒の姿を明確に持ちながら、その実現に向けてどのようにアクションを起こすかを学びました。

講義4 講義4-4

5 演習2:「授業計画を立て、授業内容を交流しよう」

 新しい学習指導要領のもとで、教科となった道徳科の授業づくりについて演習を行いました。共通の教材を使って、教材分析シートをつかった授業計画を立て、交流しました。

演習2 演習2

 

 夏季休業中の1日研修でしたが、先生方、大変熱心に研修を受講されました。