ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校給食における食物アレルギー対応マニュアルについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月30日更新

学校給食における食物アレルギー対応マニュアル保護者説明会を開催しました

 丹波市教育委員会では、この度策定した対応マニュアルに基づく運用を平成28年度から開始することから、平成27年度において食物アレルギー対応食を提供している園児・児童・生徒の保護者を対象とした説明会を市内二会場で行いました。
 説明会では、今後における食物アレルギー対応に変更が生じる内容をまとめた「Q&A」を中心に説明を行いました。

 説明会当日、保護者に配布・説明した資料は、次のとおりです。

  説明会次第 [PDFファイル/57KB]
  【資料1-1】対応マニュアルQ&A [PDFファイル/347KB]
  【資料1-2】対応を行う上での基本的な考え方 [PDFファイル/195KB]
  【資料1-3】対応マニュアル策定状況 [PDFファイル/142KB]
  【資料1-4】対応指針(H27.3文部科学省)抜粋 [PDFファイル/608KB]
  【資料2-1】具体的な事例(献立) [PDFファイル/157KB]
  【資料2-2】具体的な事例(連絡表) [PDFファイル/217KB]
  対応マニュアル(概要版) [PDFファイル/1.77MB]

学校給食における食物アレルギー対応マニュアルの策定について【H27.9.4更新】

 学校給食における食物アレルギー対応については、食物アレルギーのある園児・児童・生徒(以下「児童等」という。)に対し、可能な限り除去食や代替食を提供することに努めてきましたが、近年、食物アレルギー対応が必要な児童等やアナフィラィシー等、重篤なアレルギー反応を引き起こす可能性のある児童等が年々増加し続け、安全・安心な学校給食を提供するうえで大きな課題となっております。

 こうした状況から、丹波市教育委員会では、児童等が学校生活の中で、楽しみにしている学校給食をより安全でより安心なものとしていくために、市としての統一した指針が必要と判断し、丹波市学校給食献立作成検討委員会での協議を経て、この度「丹波市学校給食における食物アレルギー対応マニュアル」を策定いたしました。

 マニュアルには、増加し続ける食物アレルギーに対応していくため、一定の対応食の基準を示すとともに、学校給食に大きく関係する学校、給食センター、保護者及び教育委員会が、共通の理解と認識のもと適切な対応が推進されることを目的に、悲惨な食物アレルギー事故から児童等を守るための手法として、基本的な事項を示しています。

 今後、平成28年4月から、市内すべての幼稚園・小学校・中学校で、このマニュアルに示す基準や手順に基づいて、学校給食における食物アレルギー対応を開始します。
 保護者の皆さまにおかれましては、あってはならない食物アレルギー事故を未然に防止するため、安全確保を第一義とした方針であることをご理解いただくとともに、今後における食物アレルギー対応にご協力いただきますよう重ねてお願い申しあげます。

学校給食における食物アレルギー対応マニュアルの策定について [PDFファイル/276KB]

学校給食における食物アレルギー対応マニュアル [PDFファイル/3.48MB]