ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和3年度第1回たんばそったく塾開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月16日更新

令和3年度第1回たんば啐啄(そったく)塾開催

「たんば啐啄塾」は、若手の先生が講義や演習を通して、教科指導、学級経営、保護者や地域との連携等、教育活動全体にかかる優れた指導技術等を身につけることを目的としています。

「啐啄」の意味をご存知でしょうか。「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声のこと。「啄」は母鳥が殻をつつき割る音のこと。ひな鳥が鳴く声と親鳥が殻をつつく音が同時であるように、導くものと成長するものの間に生まれる絶妙の機を逃さないという意味です。

第1回目の今日は、丹波市教育委員会学校教育課副課長による、タイトル「若き教師におくるメッセージ!関係づくりの1か月」と題して講話しました。

若手の先生方がこれから学級づくりをしていく上で、子どもたちや保護者に寄り添いながらつながりを大切にしてほしいことや、子どもたちや保護者から信頼される先生になってほしいことなど、期待を込めた講話でした。

若いパワーで、子どもたちと一緒に学び、一緒に成長してほしいと思います。

今後も若手の先生のニーズに合った研修会にしていきます。

 

そつたく

中央小