ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市がすすめるコミュニティ・スクール

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月25日更新

 丹波市では、平成29年4月からコミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)を導入し、「地域とともにある学校」づくりに取り組んでいます。市内全小・中学校区へのコミュニティ・スクールの導入を目指し、令和3年5月末時点で27校区(/29校区)で導入しています。

 複雑化した現在の社会においては、学校と保護者、地域社会が連携し合いながら、子どもの育成を図っていくことが一層大切になっています。そのため、コミュニティ・スクールでは、保護者や地域の方々が学校運営に参画することにより、そのニーズを的確に反映させるとともに、学校・家庭・地域社会が一体となってより良い教育の実現に取り組むことをねらいとしています。

令和3年度版丹波市CSリーフレット [PDFファイル/1.08MB] 

 丹波市教育委員会では、コミュニティ・スクールにおける学校運営協議会委員の資質をの向上と当事者意識を持った連携・協働をいっそう推進し、各地域の取組を交流することにより、コミュニティ・スクールのさらなる活性化や運営の充実につなげるために、令和2年度 丹波市コミュニティ・スクール連絡会を開催しました。

 連絡会では、丹波市立黒井小学校運営協議会と丹波市立中央小学校運営協議会の2校より実践発表を行いました。 

丹波市立黒井小学校運営協議会の取組 [PDFファイル/3.52MB]

丹波市立中央小学校運営協議会の取組 [PDFファイル/8.54MB]