ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

埋蔵文化財所在の有無とその取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月10日更新

埋蔵文化財所在の有無とその取扱いについて

手続きの流れ

 開発事業を計画される場合、事業者は、可能な限り早い時期に開発事業予定区域内における史跡・埋蔵文化財等の所在状況やその他の取扱いについて、丹波市教育委員会文化財課まで照会・確認してください。
 必要な添付図面ができていない段階での問い合わせや、不動産鑑定での問い合わせの場合は、丹波市教育委員会文化財課の窓口で受け付けています。もしくはFaxでも受け付けています。この場合、所定の様式はありません。住宅地図や都市計画図等に対象地の場所を明記し問い合わせてください。(住所、地番だけでは確認できません)

開発フローチャート

様式

● 埋蔵文化財所在の有無とその取扱いについての照会様式〔Wordファイル/28KB

● 埋蔵文化財所在の有無とその取扱いについての照会様式 [PDFファイル/75KB]

● 文化財保護法第93条の届出 [Excelファイル/87KB]

● 文化財保護法第93条の届出 [PDFファイル/115KB]

● 発掘調査承諾書 [Wordファイル/25KB]

● 発掘調査承諾書 [PDFファイル/42KB]

上記の様式は、下記の書類を添付し、照会様式は1部、文化財保護法第93条の届出は2部、文化財課まで提出してください。

1位置図(一万分の一~二万五千分の一)

2複合図(一千分の一~五千分の一の地形図と計画図が複合したもの。または地形図に開発区域を明示したもの)

3完成予想平面図・造成計画及び構造物基礎断面図等

4現況写真