ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市立春日歴史民俗資料館・春日郷土資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

 

資料館の再開について

 


 

 春日歴史民俗資料館では、野々間遺跡から出土した2個の銅鐸を中心として、春日地域の歴史とその文化遺産を収集保存し、広く一般に紹介することを目的としてつくられました。
 2万数千年の昔から人々の生活が営まれていた春日町の歴史を4つのテーマ(1.大むかしの春日 2.けむり立つ春部の里 3.中世の春日 4.近世・近代の春日)に分けて展示解説しています。
 郷土資料館は、ふるさとの先人達の生活ぶりや生業のいろいろな諸資料をあつめて展示しています。むかしの農家の姿や生活様式とその用具をはじめ、蚕を飼いマユをつむいで絹布を織り上げた機織りの様子やそれに用いた用具類その他消え去ろうとしているかつての農業形態や伝統の民俗行事の代表的なものを紹介しています。

春日歴史民俗資料館の外観の写真  春日歴史民俗資料館内観

開館時間


午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 休館日

毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
12月29日~1月3日
(展示替えにより臨時休館することがあります。)

入館料

大  人210円 (団体150円)
中学生100円 (団体 70円)
小学生  50円 (団体 30円)             
※団体は20人以上

交通案内

JR福知山線黒井駅より徒歩10分
舞鶴若狭自動車道春日インターより5分
駐車場(無料)がありますので車でもご来館ください。

所在地〒669-4141
兵庫県丹波市春日町黒井496-2
電話  0795-70-0819 (教育委員会文化財課)