ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

休日応急診療所(1月・2月担当医)のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月20日更新

休日の応急的な診療機関として休日応急診療所を開設しています。

所 在 地

丹波市氷上町石生2059-5 丹波市健康センターミルネ1階
電話番号:(0795)88-5800 (※受診前に必ずお電話ください)

     休日応急診療所休日応急診療所玄関

                            ※北側入口をご利用ください。

1階フロア図

 

開設日

日曜日、祝日、12月31日、1月1日~1月3日

受付時間

午前8時30分~11時30分まで
午後1時00分~4時30分まで

診療時間

午前9時00分~12時00分まで
午後1時00分~5時00分まで

診療内容

(1) 診察  (2) 処置、投薬  (3) 指導及び相談

持ち物

 ・ 健康保険証(※保険証の提示がない場合は、自費診療となり全額負担していただくこととなります)
    →自費診療となった場合の精算(返金)については、下記『健康保険証等をお持ちでなかった方へ』をご参照ください。
 ・ 各種医療受給者証
 ・ お薬手帳         など

注意事項

※ 受診前に電話でお問合せください。
※ 診察はあくまでも応急的なものであり、検査等はできません。
※ 診察の結果、専門的な医療が必要と考えられた場合は、適切な医療機関にご紹介することもあります。
※ お薬は原則として、1日分または休日分の処方です。なお、受診されても症状により投薬のない場合もあります。
※ 翌日、または休日明けには、かかりつけ医や医療機関での受診をおすすめします。

担当医当番表

担当医師は、丹波市医師会会員が輪番表により担当します。
※急に変更となる場合があります!

                                  輪 番 表(敬称略)

 1月の担当医

日付 担当医師名

1月16日(日曜日)

田中庸生(外科)

1月23日(日曜日)

山田耕士(眼科)

1月30日(日曜日)

長澤 進(内科)

 2月担当医

日付

担当医師名

2月 6日(日曜日)

平島 顕(整形外科)

2月11日(金曜日)

【建国記念の日】

中川泰樹(内科)

2月13日(日曜日)

田中健雄(内科)

2月20日(日曜日)

大塚病院医師(内科)

2月23日(水曜日)

【天皇誕生日】

久保田孝則(内科)

2月27日(日曜日)

松下全巳(泌尿器科)

 

健康保険証等をお持ちでなかった方へ

健康保険証等の提示がない場合は自費診療となりますが、下記手順により精算(返金)いたします。
 ※後日、休日応急診療所にお越しいただいての精算(返金)はいたしかねます。ご了承ください。

1 自費診療費返還についての書類の記入及び提出

受診当日、健康保険証等の提示がない方に対し、「休日応急診療所 医療費の返還について」をお渡ししますので、必要事項を記入し受付へ提出して下さい。

当日提出ができない方は、「休日応急診療所 医療費の返還について」を下記担当課までご提出(郵送またはFax)ください。
[提出先]
 〒669-3464 兵庫県丹波市氷上町石生2059番地5
 丹波市健康センターミルネ2階 地域医療課 宛  
 Fax番号:0795-88-6315

 

2 各種必要書類の提出

担当課にて「休日応急診療所 医療費の返還について」を受理した後、「医療費返還申請書」をご自宅へ送付します。
ご自宅に届きましたら、必要事項を記入し、下記書類を揃えて返送してください(同封の返信用封筒をご利用ください)。
なお、申請書等については、下記の様式をダウンロードし使用していただいても構いません。

 ・ 丹波市休日応急診療所医療費返還申請書
   丹波市休日応急診療所医療費返還申請書 [Wordファイル/37KB]
  丹波市休日応急診療所医療費返還申請書(記入例) [PDFファイル/260KB]
 ・ 健康保険証(写し1部)
 ・ 福祉医療受給者証(写し1部 ※該当の場合のみ)
 ・ 受診日に発行した請求書兼領収証(※原本
 ・ 通帳(写し1部 ※振込先が分かるもの)
 ・ 債権者登録申請書

※原則、受診後約1ヶ月以内を目途に提出してください。

 

3 医療費の精算(返金)

医療費返還申請書を精査し問題がなければ、受理後1ヶ月程度でご指定の口座に振り込みます。
振込予定日を文書にて通知しますので、ご確認ください。