ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 妊娠・出産 > 妊娠・出産 > 子どもが生まれたとき出産育児一時金が支給されます
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 国民年金・税・保険 > 国民健康保険 > 妊娠・出産 > 子どもが生まれたとき出産育児一時金が支給されます

子どもが生まれたとき出産育児一時金が支給されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

国民健康保険に加入している人が出産されたとき、支給されます。 

 支給金額は、産科医療補償制度加入の医療機関等で妊娠22週以降出産された場合42万円です。
 それ以外は40万4000円です。                                            

 妊娠12週(85日)以降であれば、死産や流産でも支給されます。
 出産後2年を過ぎると、時効となり申請ができなくなりますのでご注意ください。
 他の健康保険などからこれに相当する給付を受けられる場合は支給されません。 

 医療機関等で手続きをしていただき、出産育児一時金の額を上限として、市から医療機関等に直接出産費用を支払う直接支払制度になっています
 出産費用が出産育児一時金を超える場合は、差額を医療機関等にお支払ください。少ない場合は、申請により差額を市から支給します。

  • 直接支払制度の利用を希望しない場合は、医療機関等が発行する証明書を添付して、世帯主が申請することにより受け取ることもできます。(ただし、出産費用はいったん医療機関にお支払していただくことになります。)

 産科医療補償制度とは

 分娩に関連して発症した脳性麻痺児に対する補償制度です。
 妊婦の皆さまが安心して出産できるよう医療機関等が加入する制度です。