ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 妊娠・出産 > 妊娠・出産 > 産前産後期間の国民年金保険料免除について
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 国民年金・税・保険 > 国民年金 > 妊娠・出産 > 産前産後期間の国民年金保険料免除について

産前産後期間の国民年金保険料免除について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

平成31年4月から、産前産後期間の国民年金保険料が免除となる制度が始まりました。

国民年金第1号被保険者で、出産(予定)日が平成31年2月1日以降の方が対象です。

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。 
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)                     ※ 施行日が平成31年4月1日のため、免除対象期間は平成31年4月以降となります。

届出方法

出産予定日の6か月前から提出可能です。

申請に必要なもの  

・年金手帳(またはマイナンバーが分かるもの)

・身分確認できるもの

・印鑑

・母子健康手帳など出産予定日が確認できる書類(出産前に手続きする場合)

将来受取る年金額との関係

産前産後期間として認められた期間は、保険料を定額納付した場合と同じ扱いとされ、老齢基礎年金の受給額に反映されます。

関連リンク

日本年金機構