ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業 > 農業 > 農林業 > 丹波市農業・農村振興基本計画を策定しました

丹波市農業・農村振興基本計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月17日更新

丹波市農業・農村振興基本計画を策定しました

 これまで丹波市の農業・農村振興の基本指針としていた「丹波市農業・農村振興基本計画」が平成27年度末をもって計画期間が終了となりました。上位計画である「第2次丹波市総合計画」を基本に「農」を中心とする活力ある「攻め」の農業展開と魅力ある農村社会の構築を目指し、今後の本市の農業・農村振興を図る新たな指針となる2期目の「丹波市農業・農村振興基本計画」を策定いたしました。

 1 計画の位置づけ

 本計画は、「第2次丹波市総合計画」を上位計画とし、この中の基本計画に掲げられたまちづくりの目標6「丹波力を活かした創意ある元気なまち」の実現に向け、兵庫県策定の「ひょうご農林水産ビジョン2025 丹波地域アクションプラン」、JA丹波ひかみ策定の「TAP21」等の関連計画とも連携し、本市の農業・農村に関する個別計画として位置づけます。

2 計画の構成と計画期間

 本計画の計画期間は、平成28年度から平成37年度までの10年間とします。                         

 なお、本計画は、基本計画と実施計画(年次計画)をもって構成することとし、実施計画については、改めて定めることとします。

 また、農業・農村をめぐる情勢の変化や国・県の動向など必要に応じて本計画を見直し、随時更新を行うこととします。

3 計画の推進体制 

 本市は、農業者と関係機関や農業関連団体、消費者などと、様々な場面で「協働」しながら、本計画の基本理念である「丹波市ブランドを活かした元気な農業・農村づくり」の実現に向け、各種施策を展開し本計画を推進していきます。

丹波市農業・農村振興基本計画(平成28年度~平成37年度) [PDFファイル/41.01MB]