ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市雇用奨励金

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月2日更新

丹波市内で事業用の施設を新設・増設・移設された企業が、市内在住者を新規に継続して雇用されたことや、非正規従業員を正規従業員に切り替えられたことに対して、補助金を交付する制度です。
この制度は、市内における企業の新規立地や市内企業が市内施設を増設・移設して規模等を拡大された場合に、市内在住者の雇用に対して補助することにより、雇用の増大や産業の活性化、定住の促進を図ることを目的としています。

【 補 助 対 象 】

 <新設>

施設設置にかかる土地・建物・償却資産の取得価額の合計額が5,000万円以上であること

  1. 新設した施設で、正社員として雇用(9ヵ月以上継続していること。)する市内在住者が新規に3人以上増加した場合
  2. 新設した施設で、市内在住の非正規雇用者を3人以上正社員に切り替え、かつ、正社員となってから6ヵ月以上継続して雇用した場合

 <増設・移設>

施設設置にかかる土地・建物・償却資産の取得価額の合計額が1,000万円以上であること

  1. 増設・移設した施設で、正社員として雇用(9ヵ月以上継続していること。)する市内在住者が新規に1人以上増加した場合
  2. 増設・移設した施設で、市内在住の非正規雇用者を1人以上正社員に切り替え、かつ、正社員になってから6ヵ月以上継続して雇用した場合

【申請期限】

新設・増設・移設した施設の操業開始後2年以内に申請が必要です。

※申請は、新設・増設・移設1回につき1回限り

【補助内容】

増加した市内在住の常時雇用者一人あたり50万円 [限度額:2,000万円]

添付ファイル