ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯・安心安全 > 緊急情報・お知らせ > 生涯学習 > 兵庫県対処方針改定に伴う今後のスポーツ活動について(お願い)

兵庫県対処方針改定に伴う今後のスポーツ活動について(お願い)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新

 令和3年4月23日付で兵庫県に「緊急事態宣言」が発令されました。今回の「緊急事態宣言」では、営業時間の短縮等をはじめ、不要不急の外出の自粛、基本的な感染防止対策の徹底などが要請されています。

 また、令和3年4月28 日に第 48 回兵庫県新型コロナウイルス対策本部会議が開催され、兵庫県対処方針の一部が改定されました。
 このことから、 本市における対応方針の見直しを行い 、 引き続き感染拡大防止施策を実施しています。

 各スポーツ活動団体では、日頃から感染防止対策に取り組まれていると思いますが、「緊急事態宣言」が発令された現在においては、下記の内容にご留意をいただき、今一度感染防止対策の徹底にご理解とご協力をお願いいたします。

 丹波市としては、「何としてもこれ以上の感染拡大を阻止するため、人の移動を抑えなければならない」と考えています。

 そこで、感染拡大を短期間で抑え込むためにも、緊急事態宣言期間の市の社会教育施設(体育館・グラウンド)・学校開放施設(体育館・グラウンド)の利用を休止することといたしました。利用者の皆さんには大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解をお願いいたします。

 

少年少女のスポーツ活動について

「原則休止」とします。

  ただし、中央競技団体等が主催する大会(その予選を含む)及び国民体育大会(その予選を含む)は休止対象から除きます。大会参加に伴う練習を行う場合は、感染防止対策を徹底したうえで、大会初日の3週間前からとしてください。また、活動時間は、平日4日2時間以内、土日1日3時間以内とし、合宿等、宿泊を伴う活動はしないでください。

●現在も、感染防止対策の徹底にご協力をいただいているところではありますが、怪我の予防、心のストレス解消などのため、スポーツ活動を継続することは必要であると考えています。そのため、体力維持等の自主練習を行う場合は、「個人」で十分な感染予防を徹底したうえで行ってください。

※ただし、上記の丹波市の考えや緊急事態宣言下であること認識したうえで活動してください。

 

社会教育施設の利用及び学校開放事業の休止について

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、下記の期間、市社会教育施設及び学校開放事業による学校体育施設の貸館を休止します。

【対象施設】

(1)市の社会教育施設(体育館(武道場・柔剣道場を含む)、屋内プール、グラウンド、テニスコート、トレーニングルーム、住民センター等)

(2)市内小中学校体育館、グラウンド

【休止期間】  令和3年4月28日(水曜日)から令和3年5月11日(火曜日)まで

 

今後について

※令和3年5月11日(火曜日)以降の取扱は、対応が確定した後に、市ホームページなどでお知らせしますので、最新の情報をご確認いただきますようお願いいたします。

 

参考資料

(1)第48回兵庫県新型コロナウイルス対策本部会議資料(令和3年4月28日)※一部抜粋 [PDFファイル/763KB]

(2)新型コロナウイルス感染症に係る丹波市の対応(令和3年4月28日改定)※一部抜粋 [PDFファイル/421KB]

 

お問い合わせ先

(1)スポーツ活動に関すること

  〒669-4192 兵庫県丹波市春日町黒井496番地2
   丹波市まちづくり部 文化・スポーツ課(春日住民センター内)
      Tel 0795-88-5057(スポーツ推進係) Fax 0795-74-2855

 

(2)施設の利用に関すること 

  〒669-4192 兵庫県丹波市春日町黒井811番地
   丹波市まちづくり部 施設管理課(丹波市役所春日庁舎1階)
   Tel 0795-88-5124 Fax 0795-74-3005