ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 上下水道 > 2トン給水車を導入しました

2トン給水車を導入しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月7日更新

2トン給水車を導入しました

給水車正面給水車後

 丹波市上下水道部では、災害時などの給水体制の強化として、これまでに使用していた4トン給水車に加え、新たに2トン給水車を導入しました。

特徴1

 タンク容量は1,600リットルです。災害時に必要とされる1人1日あたりの水は3リットルと言われていますので、約533人分に相当します。

特徴2

 既存の4トン給水車と同様に緊急時の応急給水として、給水パックに補給できるだけでなく、公共施設や病院などの貯水槽にも加圧して補給できるものであり、このような給水車を2台保有することで、広範囲の断水時における給水対応が強化されました。
 また、これまでは他の自治体で発生した災害などによる給水支援に向かう場合、本市での緊急時の給水体制が手薄になる不安がありましたが、1台は常に市内に常駐できることになりました。

特徴3

 市民の皆さんに親しまれるよう丹波市マスコットキャラクター「ちーたん」のイラストがこの給水車のタンクに描かれています。

給水車に描かれたちーたんのイラスト