ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・下水道・道路・交通・河川 > 上水道 > 上下水道 > 指定給水装置工事事業者制度における指定更新制の導入について

指定給水装置工事事業者制度における指定更新制の導入について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月7日更新

指定給水装置工事事業者制度における指定更新制の導入について

指定給水装置工事事業者の皆様へ
指定給水装置工事事業者制度における指定更新制の導入について [PDFファイル/337KB]

改正の内容

 水道法が改正され、令和元年10月1日から施行となります。改正水道法では指定給水装置工事事業者の指定について更新制を導入することが含まれており、これまで無期限とされていた指定は5年ごとの更新が必要となります。
 また、更新制の導入に伴い、指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を図るため、指定の申請(更新を含む)の際に営業内容等の確認と水道利用者への情報提供を行うこととなります。

指定の更新の内容について

(1)指定の有効期間

 指定給水装置工事事業者の指定は5年ごとに更新手続きをされなければ、期間の経過により効力が失われることになります。(更新時には更新手数料が必要となります。)
 なお、この場合は指定取消し(2年間の欠格期間あり)とは異なり、指定効力の失効中であってもすぐに申請手続きは可能です。
 ただし、指定効力失効中に給水装置工事を行った場合は、指定取消しとなりますのでご注意ください。

(2)令和元年9月30日までに指定を受けられている場合の有効期間

 令和元年9月30日(改正水道法施行日以前)までに丹波市指定給水装置工事事業者の指定を受けられている場合の有効期間については下記のとおりです。

指定の有効期間
指定を受けた日 指定の有効期限
平成10年4月1日~平成11年3月31日 令和2年9月29日
平成11年4月1日~平成15年3月31日 令和3年9月29日
平成15年4月1日~平成19年3月31日 令和4年9月29日
平成19年4月1日~平成25年3月31日 令和5年9月29日
平成25年4月1日~令和元年9月30日 令和6年9月29日

 令和元年9月30日時点で丹波市指定給水装置工事事業者となられている業者様には10月1日以降に改めて個別に有効期間・更新申請についてのご案内をいたします。
 詳しくは丹波市上下水道部水道課(電話0795-88-5104)までお問い合わせください。