ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 人権啓発センター > 「丹波市住宅資金等償還事務条例」に基づく償還の猶予及び免除

「丹波市住宅資金等償還事務条例」に基づく償還の猶予及び免除

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月25日更新

この制度は、地域改善対策特別措置法等に基づき、昭和41から平成8年までの間に、丹波市合併前の旧町と債務者との間で賃借契約を締結した住宅新築資金等貸付金に関する償還の猶予及び免除制度です。

【支援の内容】

次の場合は、償還の猶予、または免除を受けることができます。

 1.借受人等が災害により、いちじるしい損害を受け、償還金を償還することが困難になったと認められるとき。

 2.借受人の責めに帰することができない災害により、貸付に係る対象住宅が滅失し、損害保険金等が支払われないとき。

 ※猶予、免除の対象となる償還金は、納期限が未到来の償還金に限ります。

 ※猶予期間は、最長6ヶ月までです。

【対象となる方】

 損害の程度が、床上浸水以上の被災をされた方が対象です。

 ※納期限の過ぎた未償還金がある方は、対象外となります。

 ※り災年月日から、3ヶ月以内の申請が必要です。

【手続きに必要なもの】

 対象の有無等、詳細については、事前にお問い合わせください。

 提出書類

 ・住宅資金等償還猶予(免除)申請書(様式1号)

 ・添付書類・・・・り災証明書(写)等