ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

今月のおすすめ本

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月22日更新

  ↵

バナー

≪ひとみキラキラ、本にどきどき≫ (2022 第64回「こどもの読書週間」標語)

≪この一冊に、ありがとう≫ (2022 第76回「読書週間」標語)

毎月23日は『家庭読書の日』

丹波市立図書館では、4月23日の『子ども読書の日』にちなんで、毎月23日を『家庭読書の日』として啓発活動に取り組んでいます。

日々の暮らしの中で、読書を楽しむ大人の姿は、子どもの読書意欲を高めることに大きく影響しています。

図書館職員がおすすめする【今月の推し本】をきっかけに、大人も子どももお気に入りの一冊を手に取り、時にはお互いの「おすすめ本」について語り合う…そんな心豊かなひとときを過ごしてみませんか。

☆読書通帳も、読了後の記録にぜひご活用ください。各館で、大人用・子ども用をご用意しておりますのでカウンターでお尋ねください。

図書館職員がおすすめする【今月の推し本!】

★毎月、図書館職員がお気に入りの4冊を選んで紹介しています。

★紹介している資料が貸出中の場合は予約ができます。

【一般書】
本の名前 著者

出版

(出版年)

おすすめコメント

『白光』

 朝井 まかて/著 

東京:文藝春秋(2021.7)

明治5年、絵師になるため故郷の笠間(茨城)を飛び出した山下りん。己に西洋画の素質があることを知り、工部美術学校に入学を果たし…。日本人初のイコン画家・山下りんの波瀾の生涯を力強く描く。

『カラーリーフ図鑑』決定版 

荻原 範雄/著

名古屋:リベラル社(2022.6)

目にも優しい癒しのカラーリーフ。ガーデニングに利用でき、使い勝手がよく丈夫なおすすめの種類を色別に分けて掲載。飾り方と育て方のポイントを解説し、実際の使用例や組み合わせ方も多数紹介する。

児童書

本の名前 著者

出版社

(出版年)

おすすめコメント(あらすじ)

『おばあちゃんのあかいマント』 

​​ローレン・カスティーヨさく たが きょうこやく 

東京:ほるぷ出版(2016.8)

​おばあちゃんが、おおきなまちにひっこした。おばあちゃん、だいすき!だけど、おおきなまちは、ごちゃごちゃしてて、うるさくて、こわいものだらけで、すきじゃない。そういったら、おばあちゃんが、あかくてかっこいいマントをきせてくれた。マントをきてまちへでてみたら…。

『論理的思考力ナゾトレ レベル1』

​​​北村 良子/著

東京:金の星社 (2022.2)

論理的思考力とは、自分が知っていることをわかりやすくだれかに話したり、思ったことに対して「なぜこう思ったのか」を考えたりするたいせつな力。問題をとくことで論理的思考力をたかめる全40問のクイズ&パズルを紹介(しょうかい)。考えをみちびくためのヒントものっています。

今月のおすすめ図書 《広報たんば11月20日号掲載》

毎月の『広報たんば』に掲載している【今月のおすすめ図書】も大変人気があります。

上記、図書館職員がおすすめする【今月の推し本!】と合わせてお楽しみください。

なお、紹介している資料が貸出中の場合は予約ができます。

一般書

夏井いつき、俳句を旅する

夏井 いつき/著

悟空出版(2022.3)

江戸期の俳人から現代を生きる市井の俳人の句まで、様々な作品を取り上げ、初心者でも親しめるよう勘所を押さえて解説する。暮らしのエッセイ、季語解説も収録。web『夏井いつき17音の旅』連載を加筆し書籍化。

児童書

『おとなになるっていうこと』

遠見 才希子/作      和歌山 静子/絵

童心社(2022.3)

生理ってなんだろう? 男の子は泣いちゃだめ? 思春期に起こる心と体の変化や性の多様性を紹介。ちがいを認めあうことの大切さを、姉と弟のきょうだいの成長を通して伝える。