ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

B型肝炎

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

B型肝炎予防接種について

平成28年10月1日より、B型肝炎ワクチンが定期接種となりました。

対象は平成28年4月1日以降に生まれた方で、1歳のお誕生日の前日までに3回接種します。

B型肝炎とは? B型肝炎ワクチンとは?

・B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。

・B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(キャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり。そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

・ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。この免疫が出来ることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことが出来ます。

※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫が出来ないことがあります。

・ワクチンの種類は2種類あります。

  ビームゲン(製造販売元:財団法人化学及血清療法研究所)

  ヘプタバックス(製造販売元:エムエスディー株式会社)

※ラテックスアレルギー(天然ゴム製品…炊事用手袋、バンソウコウ、ゴム風船などに接触することによって起こるじんましん、ぜんそく発作などの即時型アレルギーのこと)のあるお子さんは、接種する前に主治医にご相談ください。 (ヘプタバックスを選択した方のみ)

対象者

・平成28年4月1日以降に生まれた方で生後1歳に至るまで(1歳の誕生日の前日まで)の方

 (標準接種期間・生後2月に達した時から生後9月に達するまでの期間)

※母子感染予防のためにHbs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けておられる方は、健康保険が適応されるため、この制度の対象ではありません。

接種回数と接種間隔

1歳の誕生日の前日までに3回接種します。

  ・2回目の接種は、1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種します。

  ・3回目の接種は、1回目の接種から139日以上の間隔をあけて接種します。

(たとえば、1回目を水曜日に接種した場合、2回目は1回目から4週後の水曜日から、3回目は1回目から20週後の水曜日から誕生日の前日までに接種します。)

※定期予防接種が開始するより前に、平成28年4月1日以降に生まれた方が上記に相当する方法ですでに接種を受けた場合、その回数分を省いて残りを接種します。

接種当日、医療機関へ持っていくもの

  ・市より配布の予防接種カード

  ・母子健康手帳

  ※保護者が同伴出来ない場合は、委任状もお持ちください。

    委任状 [PDFファイル/74KB]

 接種後の注意と起こるかもしれない体の変化

  ・予防接種後、30分程度はお子様の様子を観察しましょう

  ・接種後の入浴は問題ありませんが、接種部位を強くこすったり、激しい運動はやめましょう。

  ・接種部位が赤くなったり、はれたり、しこりが出来たり、痛みを感じることがあります。

  ・熱が出たり、いつもより機嫌が悪くなったり、ぐずったり、眠そうにすることがあります。

  ・きわめてまれに、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄膜炎などの重い病気にかかることがあるといわれています。

   すみやかに医師の診察を受けてください。

他の予防接種を受ける場合の接種間隔にも注意しましょう

  ・B型肝炎ワクチンは不活化ワクチンです。異なる種類のワクチンを接種する場合は、6日以上の間隔をあけます。

  ・生ワクチン(BCG、ロタウイルスなど)を接種したあとに、接種を受ける場合は27日以上の間隔をあけます。

市内受託医療機関

    小児予防接種 受託医療機関一覧 [PDFファイル/100KB]