ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活衛生 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 令和2年度度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種助成について

令和2年度度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

高齢者肺炎球菌予防接種について

平成26年10月1日より、高齢者肺炎球菌ワクチンが定期接種(B類疾病)になりました。今年度の接種対象者で接種を希望される方には、市が接種費用の一部を公費負担します。肺炎は日本人の死因の第3位で、肺炎で亡くなる方の多くが65歳以上です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌による肺炎を予防し、重症化を防ぎます。(ただし、すべての肺炎を予防できるわけではありません。) 

接種対象期間 

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

対象となる接種回数・接種量

1回のみ    0.5ml

接種対象者 

(1)令和2年度の接種対象者

年齢 対象生年月日

65歳

昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれの方

70歳

昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれの方

75歳

昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれの方

80歳

昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれの方

85歳

昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれの方

90歳

昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日生まれの方

95歳

大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれの方

100歳

大正 9年4月2日~大正10年4月1日生まれの方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(事前申請が必要です。申請先:健康課 お持ちいただく物:印鑑、身体障害者手帳)

※ 上記の方でも、過去に成人用(高齢者)肺炎球菌ワクチンを接種されたことがある方は任意接種(全額自己負担)になります。

接種当日、医療機関にもっていくもの及び接種費用

・市より配布の予防接種カード

予防接種カード

自己負担金  2,400円 

・接種対象者で接種を希望される方は、市の交付する予防接種カードを受託医療機関に提示することにより、接種費用の一部を市が負担します。(1人1回のみ)
※生活保護受給者で接種を希望される場合は、お持ちの「予防接種カード」と「生活保護受給票」を医療機関に提出してください。(自己負担が無料になります。)

実施医療機関

高齢者肺炎球菌予防接種 受託医療機関一覧 [PDFファイル/77KB]