ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子宮頸がん予防ワクチン定期接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

 平成25年6月14日に開催された国の第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報が出来るまでの間、積極的に勧奨すべきではないとされたところです。

 そのことをうけて、厚生労働省より、添付資料のとおり勧告が出されましたのでお知らせします。

  厚生労働省 子宮頸がんワクチンの定期接種の対応について(勧告) [PDFファイル/69KB]

参考

  兵庫県ホームページ  相談窓口  

  厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A

  厚生労働省 接種を検討されている方へ [PDFファイル/315KB]

  厚生労働省 接種をされた方へ [PDFファイル/303KB]