ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

黒井城跡Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月10日更新

黒井城跡について

誰の城ですか

黒井城跡は「丹波の赤鬼」の異名をもつ荻野直正の居城です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

黒井城跡に天守閣はありますか

黒井城跡に天守閣を含む建物は残っていません。

荻野直正の頃の土の城と、丹波攻めの後に黒井に入った斎藤利三以降に築かれた石垣が残されています。

また、建物が描かれている絵図が残されていないため、当時天守閣が存在したかも不明です。

描かれている絵図や図面をお持ちでしたら、文化財課までご連絡ください。

雲海はいつ頃見れますか

朝晩の冷え込みが厳しく、日中晴れることが条件ですが、秋から冬にかけて、日の出から午前中早めの時間に見ることができます。

続100名城のスタンプはどこに置いてありますか

春日住民センターに置いてあります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

登城について

標高、主郭部までの所要時間はどれくらいですか

標高約356mですが、登城口との比高差は約250mになります。

所要時間は黒井駅から登城口まで徒歩約15分、登城口から主郭部まで約20分から50分になります。

山道になりますので、登山に適した靴・服装での登城をお願いいたします。

主郭部以外にも、各砦に行くことはできますか

可能ですが、向かう道は自然のままの山道です。

急な坂道もあるため、滑りにくい靴や手袋が必需品となります。

雨天時、積雪時でも登ることは可能ですか

特に規制はしていませんが、道中に岩盤が露出している箇所も複数あるため、登城の延期を検討してください。

どうしても登る場合は滑りにくい靴をはじめ安全な装備を用意して、十分注意してください。

ただし、各種警報が発令されている場合は登城を中止してください。

予約は必要ですか

必要ありません。

途中にある害獣柵を開けて登ってください。

柵を通った後は、必ず閉めてください。

登城できない時間はありますか

ありません。

ただし、登城口周辺にお住まいの方の迷惑になりますので、早朝は静かに登ってください。

また、国史跡ですので、ペグを打ち込む等してのテント設営は文化財保護法違反となりますのでお止めください。

駐車場はありますか

登城口に自家用車が数台停められる駐車場があります。

ただし、周辺にお住まいの方の迷惑になりますので、大声で騒ぐ、エンジンを掛けたままにするのはご遠慮ください。

また、中型・大型バスは停めることができません。

登城口駐車場が満車の場合は、登城口まで歩いて15分の距離にある春日庁舎の駐車場をご利用ください。

お楽しみいただく上での注意事項

黒井城跡での食事は可能ですか

飲食していただくことは可能ですが、ゴミは各自で必ずお持ち帰りください。

カセットコンロは使用できますか

国の史跡になりますので、裸火の使用は文化財保護法違反となりますのでお止めください。

喫煙所はありますか

ありません。史跡内での裸火の使用は文化財保護法違反となりますのでお止めください。

ペットの同行は可能ですか

特に規制はしていませんが、リードをつけていただく、糞尿の始末をしていただく等他の登城者への迷惑にならないようお願いいたします。

トイレはありますか

城跡内にはありません。

麓の興禅寺下にありますトイレが最後となります。

ドローンの使用はできますか

現在、特に規制はしていませんが、イベントを行っていることもあります。

事前に文化財課までご連絡していただけば把握しているイベント情報は提供されていただきます。

また、近年登城者が急増しているため、安全には気をつけてください。

自転車、バイクで通行することは可能ですか

史跡を傷めることに繋がるため、絶対に自転車、バイクは使用しないでください。

瓦等が落ちているのですが、記念として持って帰ってもいいですか

瓦や石垣の石等の遺物は持ち帰らないでください。

また、掘り起こして瓦などを探すことは絶対にしないでください。