ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市下水道施設統廃合計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月30日更新

下水道施設の統廃合事業に取り組んでおります

 平成25年5月に策定しました丹波市下水道事業中期ビジョンに基づき、下水道施設の統廃合事業を実施しています。

事業計画の背景

 現在、丹波市では35の下水処理施設を維持管理しています。しかし、今後は、急速な人口減少等による下水道使用料収入の減少や施設の老朽化による改築更新費の増大が見込まれ、ますます下水道経営を取り巻く環境は厳しくなってまいります。そのため、下水道経営における健全性の確保には適正かつ効率的な維持管理が必要となります。

事業の目的

 下水道施設の統廃合を行うことにより、事業のスリム化を図り、維持管理費や改築更新費を削減し、下水道事業を将来にわたり継続させていくことを目的としています。

丹波市下水道施設統廃合計画の概要

 ・丹波市下水道施設統廃合について [PDFファイル/3MB]

丹波市下水道事業中期ビジョン

 ・丹波市下水道事業中期ビジョン