ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 議事総務課 > ミライプロジェクト

ミライプロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月13日更新

 丹波市議会では、「開かれた議会」を目指して、広報広聴機能の充実と議会への市民参加について積極的に取り組んでいます。

 将来のまちづくりを考えるうえで、このまちの未来を担う若者の声を聴くことはとても大切です。そこで市議会では、若者が市政への関心や参加意欲を高め、市議会に声を届けるきっかけになればと、福知山公立大学の協力のもと平成30年から「丹波市議会☆ミライプロジェクト」を実施しています。

令和元年度

夢を語ろう 未来へつなごう 丹波市議会☆ミライプロジェクト2019

  このまちの未来を担う若者の声(意見)を聴く機会を設けるとともに、全国的な課題である若者の主権者意欲の醸成や政治への関心を高めるため、昨年に引き続き福知山公立大学の協力のもと、今年は氷上高校の皆さんにご参加いただき「夢を語ろう 未来へつなごう 丹波市議会☆ミライプロジェクト2019」を実施しました。

 この取組みを通じて、市議会議員と若者の距離が縮まり、市議会議員としても新たな視点や気づきを得るとともに、若者の意見や考えが反映される「丹波市づくり」に繋がることを目的としています。

 講演では、近隣の市町の数値を具体的に示しながら、「関係人口」について、わかりやすく説明いただき、高校生も自分たちが知らない丹波市の一面を知ることができ、真剣に聞き入っていました。
 また、「丹波市(とりわけ氷上高校OB)の関係人口を増やすアイデアを考えよう」と題したグループワークでは、大学生がファシリテーターを務め参加者が意見交換。

 「タピオカと丹波三宝を組み合わせた商品を開発しては」
 「黒井城に登城し氷上高校で生産された牛・豚・鶏・野菜を使ったBBQをしては」
 「農業を生かした農業系の大学を作って学生を呼び込んではどうか」など、関係人口を増やすための若者ならではの楽しいアイデアが数多く提案されました。高校生の自由で豊かな発想と、議員の経験を取り入れた現実的な意見をチームリーダーを中心となり、引き出しまとめていく姿がとても印象的でした。

と  き  令和元年7月18日(木曜日)午後1時30分~午後4時
場 所  兵庫県立氷上高等学校 図書室
テーマ  『若者と考える、みんなで考える丹波市の未来。』
講 師 福知山公立大学 地域経営学部准教授 杉岡秀紀(すぎおか ひでのり)氏
その他 グループワーク、「丹波市(とりわけ氷上高校OB)の関係人口を増やすアイデアを考えよう」(ファシリテーター:福知山公立大学学生)、全体会(発表、講評)

ミライプロジェクト

 

平成30年度

 夢を語ろう 未来へつなごう 丹波市議会☆ミライプロジェクト

市議会議員と若者の距離が縮まり、市議会議員としても新たな視点や気づきを得るとともに、若者のまちづくりに対する意見や考えが反映される「丹波市づくり」に繋がることを目的として、「夢を語ろう 未来へつなごう 丹波市議会☆ミライプロジェクト」を開催しました。
講演では、愛知県新城市の事例などを交えながら学生が地域の未来を主体的に考え関わることの大切さにふれられ、高校生も日頃の授業とは違った切り口に興味深く聞き入っていました。
また、「明智光秀と丹波の資源を生かし、関係人口を増やすアイデアを考えよう」と題したグループワークでは、大学生がファシリテーターを務め参加者が意見交換。「赤井軍と明智軍に分かれて千対千の騎馬戦をしては」「腹黒の明智光秀にひっかけて腹黒大豆の商品を開発しては」など、関係人口を増やすための若者ならではの楽しいアイデアが数多く提案されました。自由で豊かな発想と、チームリーダーを中心に意見を出し合いまとめていく姿がとても印象的でした。

講演

と き  平成30年7月26日(木曜日)午後1時30分~午後4時
ところ  たんば黎明館(丹波市柏原町柏原688-3)
参加者  柏原高校生、福知山公立大学学生、丹波市議会議員
講 演  「シティズンシップ教育って何だろう?」
講 師  福知山公立大学 地域経営学部准教授 杉岡秀紀(すぎおか ひでのり)氏
その他  グループワーク、「明智光秀と丹波の資源を生かし、関係人口を増やすアイデアを考えよう」(ファシリテーター:福知山公立大学学生)、全体会(発表、講評)