ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習 > 人権教育・啓発 > 第69回“社会を明るくする運動”作文コンテストの審査結果について

第69回“社会を明るくする運動”作文コンテストの審査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月29日更新

“社会を明るくする運動”とは

 “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする法務省の全国的な運動です。

“社会を明るくする運動”作文コンテストとは

 この作文コンテストは、“社会を明るくする運動”の一環として、次代を担う小・中学生の皆さんに、日常の家庭生活、学校生活の中で、犯罪や非行問題等に関して日頃考えていることや体験したことを作文に書くことを通じて、本運動に対する理解を深めていただくことを目的として行っているものです。

応募作品

 第69回“社会を明るくする運動”作文コンテスト丹波市地区予選では、338名(17校)の応募がありました。
 皆さんからたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

丹波市地区予選 入賞者

小学生の部

優秀賞(3名)

   齋藤 翼さん(上久下小学校6年生) 「犯罪や非行をなくすためにできること」

    「犯罪や非行をなくすためにできること」 [PDFファイル/111KB]

   梅垣 花菜さん(南小学校6年生) 「社会を明るくするために」

    「社会を明るくするために」 [PDFファイル/106KB]

   谷垣 亜美さん(北小学校6年生) 「今の自分にできること」

    「今の自分にできること」 [PDFファイル/107KB]

佳作(9名)

   井上 陽葵さん(東小学校5年生) 「安全な集団登校を目指して」

   荻野 心花さん(鴨庄小学校5年生) 「みんなの町をきれいにしていこう」

   中井 美玖さん(黒井小学校5年生) 「食品ロスって何だろう」

   山下 萌妃さん(崇広小学校6年生) 「犯罪に巻き込まれないために」

   高山 裕奈さん(新井小学校6年生) 「あいさつで、笑顔が増える」

   吉岡 孝太郎さん(久下小学校6年生) 「あいさつをする理由」

   久下 莉杏奈さん(中央小学校6年生) 「社会を明るくするために」

   永田 大稀さん(西小学校6年生) 「人と人とをつなげるあいさつ」

   近藤 まりなさん(前山小学校6年生) 「笑顔あふれる明るい社会」

中学生の部

優秀賞(1名)

   原田 ももこさん(山南中学校2年生) 「つながることの大切さ」

    「つながることの大切さ」 [PDFファイル/115KB]

佳作(3名)

   藤井 謙心さん(氷上中学校3年生) 「言葉のつかい方」

   桐村 颯太さん(市島中学校2年生) 「幸せであふれる社会を目指して」

   藤原 亜実さん(和田中学校3年生) 「言葉の力」