ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 人権啓発センター > コロナ禍における住民人権学習について

コロナ禍における住民人権学習について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月24日更新

活動事例の紹介

 今日のコロナ禍において、「人が集まれない」、「今までやっていたことができない」など、どのように住民人権学習を実施すればよいか、悩まれているのではないでしょうか。
 令和2年度の住民人権学習会報告書によると、知恵を出し合い、感染予防対策をしながら、住民人権学習を実施されている自治会がありました。
 皆様の活動のヒントとなるよう、活動事例を紹介します。

住民人権学習活動事例

 ・説明会と書面による意見募集

 ・資料配布による学習会と書面による意見募集

 ・防災無線による学習

 ・人権標語の募集

 ・少人数による学習会

 詳しくは、「令和2年度住民人権学習実施状況」と「コロナ禍における活動取組事例」をご覧ください。

 令和2年度住民人権学習実施状況 [PDFファイル/176KB]

 コロナ禍における活動取組事例 [PDFファイル/360KB]

自治公民館活動補助金

 住民人権学習は自治公民館活動補助金の対象事業となっています。 
 詳しくは、令和3年度丹波市自治公民館活動補助金について をご覧ください。