ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習 > 社会教育・生涯学習 > 「北朝鮮人権侵害問題啓発パネル展」の開催

「北朝鮮人権侵害問題啓発パネル展」の開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月18日更新
Googleカレンダーヘ登録 Yahoo!カレンダーヘ登録

北朝鮮人権侵害問題啓発パネル展

 12月10日から12月16日は「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
 1970年代から1980年代にかけ、多くの日本人が不自然な形で行方不明となりました。これらの事件の多くは北朝鮮による拉致の疑いが濃厚であることが明らかになりました。日本政府は、17名(うち5名は帰国)を拉致被害者と認定していますが、このほかにも北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案として、行方不明者873名(2021年11月現在)に関して、情報収集、捜査、調査を続けています。
 拉致は重大な人権侵害です。
 この問題の解決には、私たち一人ひとりの「拉致は決して許さない、1日も早くすべての拉致被害者を取り戻す」という強い想いが大きな力となります。
 人権啓発センターでは、この週間に合わせて「北朝鮮人権侵害問題啓発パネル展」を開催しますので、ぜひ、この機会にご覧ください。会場では、手作りのブルーリボンを配布しています。

パネル展①     パネル展②

日 時

令和4年12月10日(土曜日)~12月18日(日曜日) 8時30分~22時00分

場 所    

青垣住民センター 展示スペース 

関連リンク

法務省ホームページ  北朝鮮人権侵害問題啓発週間

https://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken103.html