ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 観光課 > 道の駅丹波おばあちゃんの里にモニュメントを設置いただきました

道の駅丹波おばあちゃんの里にモニュメントを設置いただきました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月25日更新

道の駅丹波おばあちゃんの里に「+1TAMBA」モニュメントを設置いただきました

  リニューアル工事が進んでいる「道の駅丹波おばあちゃんの里」に一般社団法人丹波青年会議所(第50代理事長:北野 裕輔)さまの50周年記念事業としてモニュメント「+1TAMBA」を設置いただきました。

 丹波市に訪れていただいた記念に写真や映像で思い出を残し、SNS等で広く丹波市を発信していただくことを目的としています。

除幕式写真

 11月21日(日曜日)に除幕式が行われました。

 

+1TAMBA とは

 「丹波市の交流人口、移住者など人口が増え、今よりも良くなるように」

一般社団法人丹波青年会議所さまの思いが込められています。

一般社団法人丹波青年会議所とは

 1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱を持った青年有志による東京青年商工会議所が設立されたことが日本の青年会議所(JC)運動は始まりです。1951年には日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

 丹波青年会議所は1972年に誕生し、「奉仕」「友情」「修錬」の三つの信条のもと、会員がよりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでおられます。