ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 観光 > 観光支援 > 【令和3年度】SATURDAY TAMBAで紹介しました

【令和3年度】SATURDAY TAMBAで紹介しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月6日更新

SATURDAY TAMBAホームページでは、丹波市内の観光情報を随時更新中です。

美味しい食べ物、美しい景色など・・・土曜日は丹波に遊びに来たくなるような情報が満載です♪

詳しくは各リンクからご覧ください。

幼児からOK!「丹波年輪の里」で丹波の木からいろいろ作ってみよう!

丹波年輪の里

今回の取材では、工作室で木のスプーンづくり体験させていただきました。
こちらではワークショップだけではなく、「木工クラブ」や「道具塾」といった教室も開かれています。
また、お子様向けのワークショップも開催されています。
公園だけではない、「丹波年輪の里」の詳細は下記URLからご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/155

世界でも有名な筆は丹波の女性が生み出す逸品「画材屋Krisno(栗住野工房)」

栗住野工房

現在、製造している筆は1,000種類以上にものぼるそうで、有名な文具ブランドの筆もこちらで製造されているそうです。
有名ネイリスト等、様々なアート業界のトップアーティスト達が筆を求めてお店を訪れるそうです。
1階は画材屋になっています。たくさんの筆や絵の具に囲まれて、創作意欲が掻き立てられます。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/153

選んで、摘んで、ほおばる幸せな60分「あぐり丹波3Dイチゴ園」

あぐり丹波3Dイチゴ園

本当に美味しいイチゴを食べたことがありますか?
完熟したイチゴは傷みやすく、スーパー等にはほとんど流通しないそうです。
「あぐり丹波3Dイチゴ園」は、60分間ハウス内を自由に歩きまわってイチゴを楽しむことが出来ます。
その広さ総延長3000m!しかも、育てられている品種も5種類あるので、食べ飽きません。
選んで、摘んで、ほおばる幸せな60分を堪能してください。

詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/151

立ち寄り必須!「道の駅あおがき」

道の駅あおがき

「道の駅あおがき」は北近畿自動車道⻘垣ICからすぐの場所に位置し、ドライバーやバスの休憩スポットとして人気です。
そして、道の駅によくあるレストランや物産販売所に加え、ここには丹波布伝承館があるのが特徴的で、詳しく取材しました!

詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/152

4世代が楽しめるお菓子「Toi toi toi~夢みるお菓子~」

夢みるお菓子

子連れで働ける場所を目指し、「作っていて楽しい、買って楽しい」「ママの笑顔は家族の幸せ」をモットーに活動されている「Toi toi toi~夢みるお菓子~」さんにお話を伺いました。
ケーキは見た目はきれいだけれど、おばあちゃんは食べにくい。おはぎは美味しいけれど、ちょっと見栄えがしないから、子どもはケーキの方が好き。そこで、お孫さんからおばあちゃんまで、4世代が楽しく食べることができる「夢みるおはぎ」ができました 。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/146

頑張る女性のサードプレイス「おうちリラクゼーションサロン calme~カルム~」

カルム

家事や育児、仕事を頑張る女性に、本当に息抜きできる場所を提供したいという思いから誕生した、女性限定リラクゼーションサロンです。1日2組限定の完全予約制で、中に入れるのは女性だけです。オーナーさんと2人だけの空間でリラクゼーションを受けることができるので、日々の忙しさや煩わしさから解放されること間違いなしです。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/145

キッズスペースもある女性専用ネイルサロン「sally nail」

サリーネイル

完全予約制の女性専用ネイルサロン、「sally nail」さんへ取材に伺いました。ネイルサロン初体験の取材メンバーがネイルをしてもらいました。爪に悩みのある取材メンバーでしたが、確かな技術であっという間に可愛いネイルが完成しました。
キッズスペースもあるので、お子様連れでも安心して利用できます。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/144

まごころ込めた丹波市の味「大納言小豆ぜんざいフェア」

ぜんざいフェア2021

丹波大納言小豆の由来は諸説ありますが、その中のひとつに「煮ても腹が割れない小豆」という特徴から、「位の高い大納言は、殿中で抜刀しても切腹しないですむ」ということを結び付けて名付けられたと言われています。
最高級品質の丹波大納言小豆をふんだんに使用した、各店舗自慢のぜんざいが楽しめる「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」2月28日まで開催中です。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/143

小学生でも買い物ができる酒蔵「西山酒造場」

西山酒造場

西山酒造場の創業は1849年(嘉永2年)、もう170年以上も続く老舗の酒蔵で現在は六代目が継がれています。お酒のデザインも特徴的です。これは、五代目から採用された綿貫宏介さんのデザインだそうです。一目見れば西山酒造場のお酒と分かるラベルは、飲み終わった後も花瓶やインテリアにできるほどおしゃれです。
お酒だけではなく、甘麹ヨーグルトやフェイスマスク、焼き菓子などノンアルコール商品も多数プロデュースされています。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/141

普段の食卓に彩りを添える イクジウッドの「一人膳八寸」

イクジウッド
「一人膳八寸」
この商品名は、日本料理の献立の一つで、海の幸・山の幸を数種類盛り付けた酒肴「八寸」から着想を得ました。表面をガラスコーティング加工することで、食材をそのまま直においても、水分やソースが浸み込まず、とても衛生的です。
普段の食卓に彩りを添える、盛り付けるのが楽しくなる木の器です。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/142

5分で鳥になれる?!青垣町でパラグライダー体験

パラグライダー体験

青垣インターから近い岩屋山を見上げると、パラグライダーが飛んでいる姿を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は初めての方でも空で風を感じることができる、パラグライダーの体験取材をしてきました。
コロナ禍でアウトドアが人気な昨今、空ほど密じゃない環境はないと思います。フレッシュな酸素をたくさん吸ってリフレッシュしたい方は、是非、青垣町の空で散歩を楽しんでください。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/139

お菓子感覚の米麹がすごい「おかしなこうじや」

おかしなこうじや

麹と聞くと、塩麹を鶏肉につけるとお肉が柔らかくなって美味しくしてくれる調味料のイメージがありましたが、麹の魅力を最大限に引き出す方がいらっしゃるということで、お話を伺うことが出来ました。
今年動き始めたばかりの「おかしなこうじや」ですが、すでに大きな未来予想図がありました。今後の活動に目が離せません。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/140

歴史と流行の融合で地元に愛される創作和菓子店「御菓子司 藤屋」

藤屋

御菓子司藤屋は昭和25年創業。2代目から和菓子専門店となり、現在は3代目の後藤さんが地元の特産品を取り入れた創作和菓子を次々と生み出しています。洋菓子に近い焼菓子やフルーツ大福といった、巷で人気の果物スイーツを取り入れられています。また、くずもちアイスはミルクベースで、他店とは一線を画しています。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/135

名木に心を寄せて、悠久の歴史に思いを馳せて「常瀧寺の大イチョウ再興プロジェクト」

常瀧寺の大イチョウ

豊かな里山の風景が広がる青垣町。この地にイチョウの木としては西日最大級の「常瀧寺の大イチョウ」があります。
最大の特徴は、枝からいくつも垂れ下がったコブのような気根が造り出す樹形です。しかもこの木が一本から成り立っていることに驚きます。
しかし町の中心部から離れた山上い位置していることから、いつしか訪れる人が減り、忘れられた存在となってしまいました。
そんな大イチョウを再興しようと、若者たちが奮闘しています。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/127

丹波でしあわせな時を残せる「TSUMUGU Wedding」

つむぐウェディング
今、丹波では里帰りウェディングの人気が増えつつあるそうです。「TSUMUGU Wedding」は結婚する二人の想いをコンセプトにした挙式を実現してくれるサロンです。挙式やフォトウェディングを希望するカップルに、場所や衣装の提案、手配といったプロデュースをされています。予算や二人の思い出の地での撮影等、とにかくカップルが描く理想のウェディングの実現に努められています。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/134

何度も訪れたくなるめがね屋さん「めがね工房+ラクーラ」

ラクーラ
2020年10月に丹波市柏原町から移転オープンしました。
店内には、こだわりの商品が所狭しと並んでいます。主にセレクト商品で、多くは近隣地区で販売していない商品です。
また、オーダーメイドめがねも注文できます。関西では、すべての工程をオーダーメイドで作れるお店は少ないそうです。
新設丁寧な接客で、何度でも訪れたくなるめがね屋さんです。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/133

広大な敷地で思う存分ブルーベリーを「ノビリス農園」

ノビリス農園

「ノビリス農園」って、面白い名前だな~と思って由来を伺うと、「ノビリス」とは南アフリカの言語で「優雅な」という意味だそうです。「のんびりする」という日本語をかけて「ノビリス農園」と名付けられたそうです。
約38アールの広大な敷地で栽培されている品種は、約15~16種類。
全国配送もされており、毎年注文されるリピーターのお客様もいらっしゃるそうです。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/132

フランスの田舎を訪れたような「ラ・ココット・シャンペトル」

ラ・ココット・シャンペトル

フランスの田舎をイメージして作られた建物。
フランスブロカントを扱うお店です。
アンティークは製造から100年以上経過したものを指すのに対し、ブロカントはフランス語で「古道具」を指すそうです。
このお店には、フランスで大切に扱われてきた品々が海を越え、新たな人のもとへ引き継がれる場所なのです。

週末限定でランチプレートも楽しめます。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/129

無農薬・無化学肥料で育てたブルーベリー「大内農園」

大内農園

栽培されている品種は約10種類。
甘い品種もあれば酸味のある品種もあったり・・・。
見た目では分からないのですが、「甘いかな?酸っぱいかな?」とドキドキしながら摘み取るのも楽しいです。
一粒がブドウのように大きく、食べ応え抜群です。

取材の詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/131

四季を感じて楽しめるお花屋さん「わたぼうし」

わたぼうし

店内に並ぶ色とりどりのお花は、オーナーさんが自ら仕入れられています。
その日入荷したお花をInstagramでチェックして来店されるお客様も多くいらっしゃるようです。
ギフトフラワー、ブーケ、リース型アレンジ、バスケットアレンジも販売されています。
当日来店でも注文可能ですが、事前予約で予算やイメージカラーに合わせたアレンジを作ってもらうこともできます。

詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/128

キレイを目指せるグルテンフリーのカフェ「Come Cafe hana*」

コメカフェハナ

西山酒造場のグラッパ工場に作られたおしゃれなカフェ。
動物性のもの(お肉など)は一切使用していないのに、野菜たっぷりでボリュームがあり、満足感いっぱいです。
また、西山酒造場の麹や酒粕などの発酵食品が使用されており、腸にやさしいメニューです。
ローケーキ(火を使わず冷やし固めて作るケーキ)などのスイーツもあり、食べてキレイになれると大人気です!

詳細は下記URLをご覧ください。

https://saturdaytamba.com/archive/126