ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 環境課 > プラスチック系のごみ袋の料金改定に関する市長映像メッセージ

プラスチック系のごみ袋の料金改定に関する市長映像メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月25日更新
Googleカレンダーヘ登録 Yahoo!カレンダーヘ登録

令和3年6月25日市長映像メッセージ(前文)

こんにちは

丹波市長の林 時彦です。

今回は、ごみのお話です。

丹波市のごみの排出量は、年々増加しています。

このままでは、丹波市クリーンセンターの焼却処理能力を越えてしまいます。ですから、

燃やすごみを減らさなければなりません。

 

燃やすごみの減量化と資源の有効な活用のため、何よりもまず県内一高いと言われて

きたごみ袋の料金を8月1日から改定します。

プラスチック系のごみ袋を大袋は、1枚50円から20円、中袋は、1枚30円から15円にそれ

ぞれ値下げします。

これまで、燃やすごみ袋に混入していたプラスチック系ごみと紙類などを更に正しく分別

することで、燃やすごみの減量化と資源の有効な活用ができます。

 

『混ぜればごみ!分ければ資源!!』です。 ご家庭でのひと手間でごみを減量できます。

プラスチック製容器包装のものには、プラマークがついています。    

プラマークがついているかを確認し、容器などが汚れている場合は、汚れを落としてから

プラスチック系ごみ袋に入れて出してください。  

 

ごみの減量と資源の有効な活用のための正しい分別には、市民一人ひとりのご理解とご

協力が必要不可欠です。

 

市民のみなさまのご協力を是非ともよろしくお願いします。

ごみ袋料金改定