ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境 > 地球温暖化・省エネルギー > 阪神動力機械株式会社 氷上工場(認定第30号)

阪神動力機械株式会社 氷上工場(認定第30号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月7日更新
認定第30号「阪神動力機械株式会社 氷上工場」

認定第30号「阪神動力機械株式会社 氷上工場」

 これまでもこれからも環境関連製品をお届けします

事業所概要

  • 業種 一般機械製造業
  • 住所 丹波市氷上町新郷1383
  • 電話 0795-80-2014
  • 認定日 平成20年12月8日(認定第30号)

認定項目

  • ごみの減量化または適正処理に努めている(プロジェクトメンバーの設置)
  • 再生紙、再生品等の循環型の素材を利用している
  • ごみの減量化及び資源化を積極的に呼びかけている(環境推進政策会議の開催、環境活動方針の工場内掲示)
  • 創意工夫でごみの減量化及び資源化を進めている(削減ごみの目標値設定、従業員の意識改革の推進)

環境活動アピール

 2001年にISO14001の認証を受け早や15年になります。
 事業所として、環境目的・目標を策定し、環境に与える影響があるものに対しては、毎月トレンドとすることにより、少しでも負担を軽減できるよう活動しています。
 主に、省資源・省エネルギー化、産業廃棄物の縮減、環境活動の活性化という3本柱で進めています。
 具体的に、電気エネルギーの使用量削減として 1.エアコンの冷房28℃、暖房20℃設定 2.照明の部分利用などです。
 また化石燃料の低減としては、灯油・軽油・ガソリン・プロパンガスの使用量の削減に取り組んでいます。
 特に、事業所として排出される産業廃棄物の低減には、重点的に取組んでいます。

事業所から一言

 近年では積極的な社会参画運動として、ホイールチェア運動(アルミ缶を集めて車椅子を届けよう)とエコキャップ運動(エコキャップを集めて世界の子どもたちにワクチンを届けよう)を展開しています。 

平成30年度の取り組み

1 社内設備(コンプレッサー、エアコン等)を更新しCO2削減を進めた。

2 昨年度に続き、省エネ型加工機械を導入した。

3 JICAのODA事案で海外での環境負荷低減の為の途上国低炭素イノベーションプロジェクトを完了した。

4 製品に使用するモータの長寿命化による省資源化に取組み中。

5 使用材料減量による省資源化に取組み中。

関連リンク

阪神動力機械株式会社 氷上工場ホームページ