ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 子育て > 子どもによる医薬品の誤飲事故にご注意!
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活衛生 > 健康づくり > 子どもによる医薬品の誤飲事故にご注意!

子どもによる医薬品の誤飲事故にご注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月8日更新

子どもによる医薬品の誤飲事故にご注意!

子どもによる医薬品の誤飲が多く発生しています。子どもの行動の特徴をふまえ、特に子どもが誤飲すると入院等の重い中毒症状を呈するリスクが高い医薬品(向精神薬、気管支拡張剤、血圧降下剤、血圧降下剤)の家庭における保管については十分注意しましょう。

家庭での医薬品の保管のポイント

・子どもの手の届かないところ、見えないところに保管

・鍵のかかる場所に置く、取り出しにくい容器にいれるなど複数の対策とる

子どもが医薬品を誤飲した際の相談窓口

公益財団法人日本中毒情報センター 中毒110番   (通話料は相談者負担)

大阪 : 072-727-2499 (24時間対応)

つくば: 029-852-9999 (9~21時対応)

日本中毒情報センター

詳しくは消費者庁ホームページ をご覧ください